脊髄小脳変性症ーSCDー患者家族の生活 ホーム »番外
カテゴリー「番外」の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

CEATEC JAPAN 2013 最終日  

幕張メッセで開催されているシーテックジャパンの最終日に行ってきました。
シーテックジャパンはここ数年、雑誌のページを作る素材として、
写真の画像データや会場の様子を伝える記事の原稿には触れてきましたが、
自分で行くのは初めてです。

僕は仕事をしてた時も在宅なので主夫みたいなもので、
今となってはもはや『専業主夫』とも言えます。
何となく世間の動きから少しづつ取り残されていきつつあることを最近実感し、
もう少し最新のテクノロジーにも目を向けていこうと思い、
見聞を広めるために行ってきました。


DSCN1884-low.jpg

会場では無数の中小電子部品、半導体メーカーや、大手メーカーのブースが軒を並べ、
未来を先取りするような先進技術の展示の数々に目を奪われました。
つい昨年までは日本の衰退を耳にすることが多かったですが、
なかなかどうして日本の基幹技術はすごい可能性を秘めているものだと実感しました。


思わず行列に並んで体験したのがアスカネットという会社の『エアリアルイメージングプレート』という
立体ホログラフィのような技術。
PCの操作を空中に浮かんだホログラフで操作するSF映画のワンシーンが現実になりそうです。
面白いのは寿司のメニューがホログラフになるやつで、無添くら寿司なんかやりそうだなと思いました。


DSCN1881-low.jpg


HONDAのブースでは上の写真の『体重支持型アシスト』という、
歩行支援ロボットスーツが展示されていました。片隅にひっそりと。
もっと力を入れて欲しいものです。
バランスを修正して絶対に転倒しないような機能を加えて欲しい。
アメリカの軍事用ロボット技術にはあるので、HONDAに出来ないことはないと思うんですがね。

スポンサーサイト

category: 番外

thread: 福祉住環境

janre: 福祉・ボランティア

tb: 0   cm: 0

水の生物~3  

$田園都市生活

アメフラシ。手で持ち上げるとムラサキ色の謎の液体を分泌する。



海が近かったので子供の頃はよく潮干狩りに行きました。
干潮で遠浅の海岸は生物の宝庫。
アサリなんて掘らずにウミウシやカニ、ヤドカリなどを捕まえて遊んでばかりいました。
当時は良質なアサリが大量に採れていたと思うのですが、
ボンゴレもクラムチャウダーも知らず貝類なんて好きではありませんでした。

$田園都市生活

なぜ海に大量の中華麺が廃棄されているのか子供心に不思議に思っていましたが、
アメフラシの卵だったようです。よく見ると中にツブツブがあります。


$田園都市生活

スカシカシパン。中に粒あんが入ってそうですね。

福岡の海岸にはカシパンやウニの殻、貝殻、流木などに混じって
昔から韓国語で表記された洗剤や飲料ボトルなどのゴミが
大量に打ち上げられていました。
子供の頃はおかしな商品名を見て面白がっていました。
しかしゴミの量を考えると、
とても適正なゴミの処理がされているとは思えない。

開催中の麗水万博会場のゴミだらけの写真を見ると、なるほどな…と思います。

category: 番外

tb: 0   cm: 2

水の生物~2  

$田園都市生活

最近テレビ番組でこのシーンを見て衝撃を受けました。
カブトガニの血液って青いんだ。
しかも、我々人類はカブトガニの血液から作られる医療品など
多大な恩恵を受けているそうです。

子供の頃よく海水浴に行った志賀島(金印で有名な)。
バス亭から海水浴場までの道を歩いていると
満潮で陸に上がってきたカブトガニが逃げ遅れて
炎天下で磯臭い匂いを発しつつ大量に転がってました。
天然記念物といっても当時は珍しくもなんともなくて
歩くのにジャマっけなので蹴飛ばしたりしてたのですが
奴らの甲羅はびっくりするほど頑丈なので
サンダル履きの足で蹴飛ばすと必ず足の親指の爪が割れるのです。
飛び上がるほど痛くて海水浴が台無しになるのですが、
また翌年同じ過ちを繰り返してしまうという。

そんなカブトガニも近年はなかなか見ることが少なくなったようで
福岡市では生息調査と産卵場所の整備など保全に力を入れているそうです。


category: 番外

tb: 0   cm: 0

水の生物~1  

僕が育った町の近くに小さな漁港がありまして、
バブルの時期は漁船が姿を消して
プレジャーボートやヨットが並ぶマリーナになってましたが、
最近はまた漁船が並び漁協事務所も出来て
漁港らしい姿に戻っているようです。
で、子供のころその港は格好の遊び場でして
ヒトデを手裏剣代わりに投げたり、カニを捕まえたり
意味もなくクラゲを竿で引き上げて日干しにしたりと
まあ馬鹿な子供でしたのでそんなことをして遊んでいたのですが
ある日クラゲを竿でかき寄せていると
なんだかグロテスクな生き物が海面を漂ってきたので
竿で引き寄せて陸に引き上げてみました。

例えていうと、モヤシ炒めに玉子を落とした料理のような…
要するに目玉焼きそっくりの生き物に触手が生えているという
なんともいえずグロい生き物でした。
目玉焼きではない証拠に内部で脈を打つような生命反応がありましたので
まぎれもなくなんらかの水棲生物でした。
そして海面に目を戻すとさらに数匹の目玉焼きがウヨウヨと漂っていました。
当時僕は『水の生物』という図鑑を持っていましたので
さっそく何という生き物か調べてみましたが、
図鑑をスミからスミまで見てみてもそんな生き物は掲載されてなくて
子供時代の謎ファイルに登録される出来事でした。

そうして記憶の底に封印して年月が経ったわけですが
つい先日どういうわけか突然記憶の中から呼び出されてしまいまして
気になってネットで調べてみたら簡単にヒットしました。

タマゴクラゲ。これです。
$田園都市生活

子供の頃の記憶ではもっとグロい姿だったような気がするのですが、
こんなもんだったのかな……
地中海に生息してるクラゲだそうで。

1970年代半ばころの福岡市の沿岸部にて目撃した謎ファイルN0.2解決しました。


category: 番外

tb: 0   cm: 0

PLH31 しきしま  

$田園都市-若葉マーク

昨年の夏に対岸の大桟橋から何枚か写真を撮ったのですが、距離が遠くてうまく撮れず。
今回はすぐそばで良い角度で撮れました。
やはり間近で見るとデカいです。護衛艦並みのサイズだそうです。

$田園都市-若葉マーク

右舷側はこの角度でしか撮れませんでした。
この巡視船こんなとこに置いとくのは本当にもったいないです。
どんどん活用すべきだと思う。


$田園都市-若葉マーク

$田園都市-若葉マーク

以前NHKのタモリさんの番組で紹介された記憶がありますが、貨物運搬に使われていたレールですね。

$田園都市-若葉マーク

かもめってけっこう怖い顔してる。







category: 番外

tb: 0   cm: 0

東日本大震災

PR

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

メールフォーム

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。