脊髄小脳変性症ーSCDー患者家族の生活 ホーム »思うこと
カテゴリー「思うこと」の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ブログについて  

仕事のポートフォリオサイトのブログ機能がとても貧弱で使いにくく、
イジってるうちに記事がすべて消えてしまいました。
一部は復元したもののどうしたもんかと考えて、
もともとmixiの日記として使用していたこのブログを
仕事サイトにリンクして仕事ブログと併用することにしました。
「仕事のこと」テーマは専門的な記事で読んでも面白くないと思いますので読み飛ばしてください。


2003年頃、市ヶ谷のオフィス物件を三社で使用していました。
そのうちの一社がWEB制作をしていて
そこの人から教わった耳慣れない言葉『webログ』。
その後プロバイダのサービスで自分でもやってみようと始めたものの全く続かなかったのが、
さらに数年後、こちらに転居して以来2年も続いて、しかも4つに増えた。
しかし頻繁に更新するわけでもなくムラがあるので数を絞って整理しようと思う。
妻の病気の事についてのブログはここのところ目立った変化がないので
しばらく休みにしようと思います。
非公開の症状記録ブログも変化を感じる時のみメモしてる程度。



巡回するブログもここ5~6年の間に閉鎖したり内容が変わったり
あるいは昨年の震災以来更新が止まっているものもあります。

震災直後はブログのあり方を考えました。
避難生活をしておられる方が不自由な生活を強いられている一方で
休日毎に食べ歩いて写真や記事を公開することはどうだろうと。
だからといって僕たちが毎日禅僧のような生活が出来るわけもなく
いろんなことを楽しむことなしに生きてはいけない。
経済を活発にすることも重要で、
ブログによる情報は虚飾のない生の情報として、
他のメディアの情報よりもよほど実用的だったりもする。

考え方は人それぞれで、どうするのが良いかもそれぞれなのだと思う。

精一杯働いて、精一杯ものを創り、
一定の節度のもとに人に紹介したいものを記事にして、
今後もブログを続けていこうと思います。

$田園都市生活

多摩川を渡ったから今があるんだよなぁ
スポンサーサイト

category: 思うこと

tb: 0   cm: 0

一年経って  

震災のあと約一ヶ月間くらいはリビングに寝起きしていました。
枕元に通帳一式と防災ヘルメットと靴を置き、
数日間は一晩中テレビを点けっぱなしにして、逐一入る情報を聞き漏らさないようにしていました。
それでも今日、震災特別番組を観ていると知らなかった事がいくつもあり、
改めて犠牲になった貴い命、そして大切な家族や家財を失った方々の姿に胸が痛む。
語る言葉も見つからない。



昨年首都圏では水や食料の買い占めや、ガソリンスタンドの行列が毎日のように見られた。

3月中旬のある日、自宅の近くのスタンドで
給油待ちの車列に割り込もうとけたたましくクラクションを鳴らす高級車を見ました。
割り込めないと分かるや、その車は激しいスキール音を鳴らして奮然と走り去っていきました。
運転者は一種のパニック状態に陥っていたのだろうか。
このような人の醜い姿を目にすると、こんな時こそ人間の真価が問われるのだなと思いました。



今や日本中で揺れないところが少ないほど全国の地殻に歪みが溜まってるようですが、
やはり関東は今年も注意が必要なようです。
古来から日本では人心が乱れると災害が起きるという。
一人一人が自分の生き方を見つめ直すべきなのだと思います。


「率直に言うと、日本人にがっかりしています……」という
ドナルド・キーン氏の言葉にとても恥ずかしく思う。



追記

やはり昨夜の報道STASIONでの古館さんの言葉は反響が大きかったようだ。
冒頭の『復興と綺麗ごとを言うな』という言葉と
エンディングの『もし圧力がかかって、番組を切られても、私は、それはそれで本望です。』
この言葉は胸に響きました。

これまでネットでは当初から語りつくされてきた原子力ムラの醜い構造について
テレビというメディアではオブラートに包んだようなはっきりしない言葉しか聞けなかった。
今後のこの番組での報道姿勢に注視したいと思いました。





category: 思うこと

tb: 0   cm: 0

最近思うこと  

偉そうなことを言えた身ではないのですが、
ここのところよく考える。しかし文章力がなくそれを書くことが難しい。


なんとなく読んでいたあるギャラリー主催者のアーティストのブログの文章に大いに共感を覚えた。
そのまま引用すると最近良くないようなので、
僕が共感した部分のみ意訳する。

経済成長のみが優先され、
キャピタルゲインで富を増やす人の価値観でシステム化される今の世の中。
経済成長が無い時代こそ文化の成熟期であり、その時期に創られたものの方が美しい。
経済成長期に作られたハコもの建造物。原発。嘘の上塗りを繰り返す指導者。
ゴミのようなものばかりで美しくない。



結局のところ一握りの人々が世界を滅茶苦茶にしている。
貧困と戦争、環境破壊を産み、地球環境を狂わせている。
諸悪の根源がそこにあるのではないかと思う。


ウォール街のデモのニュースで警官に打ちのめされる人々を
ビルのバルコニーからシャンパン片手に高見の見物をしてた人たちを覚えていますか?
スマホで写真を撮ったりなんかして。
善良な市民がひどい目にあってるのを見てよくあんな事が出来るなーと思いました。

働かないで金銭を儲けるって貴族の感覚だろうか
それがそんなに良いものなのだろうか
僕には理解できない。






今年からガラス工芸の工房に通っているのですが、
上級の研修生や講師スタッフの方々の佇まいが美しい。
衣服も手も顔も煤で黒く汚れているが、
猛烈な温度の溶解炉の火で溶けたガラスをいとも簡単に手なづけて美しい形を造りだす。
資産を持ってるかどうかとか関係ない
年齢の上下も性別も関係ない
技術を持ってるかどうかが重要なのが工人の世界。

僕は初心者なので出来ない自分に落ち込む事が多いが、
これこそ忘れかけてた感覚だと思いどんどんのめり込んでいる。

2つの三角定規と直定規、デバイダにツイーザーといった道具で、
魔法のようにレイアウトをこなす先輩の技術に憧れた新人の頃。
やがて自分もその技術を身につけたものの数年でコンピューター化の波に飲まれた。
Macを事務所の窓から放り投げたい衝動に何度もかられながらも、
今も毎日Macを操作する日々。


自分の手で創作することが原点であり終着点だと思う。
そのうち僕も必ず火とガラスを手なづける。
今後の人生、モノ作りをして生きて行きたい。


お金がないと生きてはいけないのは現実だけど。
うまく表現できないけど
あの紙切れ自体に価値があると勘違いしてはいけない。
あくまで交換券にすぎないものに支配されないように生きていきたい。


支離滅裂な文章ですみません。
こんなことをこのごろよく考えています。




category: 思うこと

tb: 0   cm: 0

東日本大震災

PR

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

メールフォーム

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。