脊髄小脳変性症ーSCDー患者家族の生活 ホーム »2011年09月
2011年09月の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ミネストローネ  

出版社にデータを送る作業に追われて料理する時間がないなーと思いつつも
群馬の叔母から大量に送られてきたジャガ芋をなんとかせねばと思い、
肉じゃが用に5~6個出しておいたら、
夕方になると階下から「トントントン」と包丁の音。
なんと妻が久し振りに台所に立ち、ミネストローネを作っていた。

DSCN0990-low.jpg

肉じゃが用の分量の三分の二くらいを使用したのでスープというより煮物に近いが、
豆類も三種類入っていて食物繊維はたっぷり。
我が家にはスープボールがないので汁椀によそった。

思えば妻は結婚当初は普通に台所に立ち、料理をしていた。
朝、僕が事務所に出勤する時には毎日弁当も作って持たせてくれてた。
炒め物で爆ぜた音に過剰反応し、フライパンをひっくり返したり、
転倒する事が増えた事で次第に料理が出来なくなった。
それでも毎日の米を炊くこと、サラダや冷や奴など火を使わない料理を作ること
それと、あまりに僕が忙しく時間がない時は、
そばやうどんなど簡単なものは作ってくれるので助かっている。
調子が良い時であれば、食器棚などどこか固定物で身体を支えることで一定の作業は出来る。
冷蔵庫からなにかを取り出したりも、
一方の手をどこかに掴まる事を忘れなければ転倒は防止出来る。


B型なので今日は突然思いついてミネストローネを作りたくなったそうだ。
「スープを作るのが今マイブームかも」などと言ってたので
たぶんもう一回くらいは何か作ってくれるかもしれない。


スポンサーサイト

category: 生活と環境

tb: 0   cm: 4

暴風雨  

台風15号の強風で家が揺れた。
地盤が軟弱なのかそれとも建物が揺れやすい構造なのか。いずれにしてもすごい風で、
唯一雨戸の付いていない仕事部屋の窓が風圧で今にも破られそうでヒヤヒヤした。
日が暮れて少し風が弱まってきた頃、打ち合わせのため都内に向かった。
道路は予想以上の混み方で、いつも通る15号線の品川駅前を迂回して
あまり使わない海岸通りを通って出版社に向かった。


帰りは更に混んでいた。レスキュー車、救急車、パトカーなど緊急車両の往来も多い。
交通事故も4件目撃した。


浜松町から品川駅以西まで電車に乗れず歩く人が車道にまで溢れていた。
品川駅前ロータリーは特に駅に入れない人たちで混乱していて
灰色のバス型の警察車両までが数台来て警備していた。
ちょうどその前で信号待ちをしてる時に地震まで発生。
たいした揺れではなかったが、
こんな時に大きな地震が来たら一体どうなってしまうのだろうと、
ちょっと背筋が寒くなった。



都心から多摩川を渡るまでゆうに1時間以上かかったが、
川崎市に入ってからは車の数も減り、比較的スムーズに流れた。

家に着き改めて見てみると、玄関から駐車スペースまで
折れた樹の枝や落ち葉でひどい有様だ。
先月の台風の後も掃除が大変だったが今回はそれ以上だ。


category: 通院治療

tb: 0   cm: 2

ヤマブシタケ  

家に根菜類が揃っていたので、豚肉を買ってきて豚汁にしようと思った。
ところがキノコ類もたくさんあり、一部はそろそろ傷みそうな感じ。
中には『ヤマブシタケ』もあった。
震災と原発事故の後からキノコ類をたくさん食べるようにしている。
武田教授のブログに「白いキノコをたくさん食べるように」との記述があった記憶がある。
ガン予防にも良いし、多種のアミノ酸は内蔵にも良い。
ヤマブシタケに含まれる「ヘリセノン」は脳神経細胞の衰えも防いでくれる。
キノコ類をふんだんに使い「けんちん汁」的なすまし汁にした。
ヤマブシタケは栄養だけでなく出汁もよく出る。
キノコの出汁だけではどうかと思ったので少し昆布出汁も加えたが、絶妙な味が出た。

白土三平の漫画で、山窩のような人がスッポンやオオサンショウウオ、
キノコ類で鍋を作る場面がありなんだか美味しそうだと思っていたが、
ヤマブシタケなんて正に白土三平の世界の食べ物のようだと思った。


たまにキノコ類が嫌いな人に出会うが、博多料理には干し椎茸が欠かせない。
マッシュルームやポルチーニ茸、モリーユ茸など欧風料理に使うキノコ類もまた美味しい。
特にポルチーニ茸のピザや、モリーユ茸ソースなんてたまらなく美味だ。
これからの季節。スープやシチュー、中華そばやバターソテー等で
キノコを食べる機会がますます増えそうだ。


category: 健康

tb: 0   cm: 2

LA BAMBINA(市ケ尾)  

$田園都市-若葉マーク

住宅街に突然現れるイタリアンの名店。ラ・バンビーナに行ってきました。

途中の住宅街の風景があまりにも美しく、
ちょうどカーラジオから流れるBGMがブレッド&バター。
残暑はきびしいですがとても気持ちの良い日曜日です。

$田園都市-若葉マーク

本格的なログハウスの建物。実はこちらは今年の4月から放映されてた、『名前をなくした女神』で
ママ友たちが集うシーンのロケ地だそうで、平日は近所の奥様方の社交場になるようですね。
ログハウスと言えど、店舗入り口がスロープになっていて、店内もバリアフリーで有り難いです。

雰囲気は思ったより庶民的というか飾らないアットホームな感じです。

$田園都市-若葉マーク

ピッツァ マルゲリータ
熱々を頬張って口内をやけどしてしまいました……一口食べてこちらのお店のファンになりました。
これめちゃめちゃ美味いです!!
トマトソースの味とモッツァレラの濃厚さが印象的で、とてもリッチな味です。

$田園都市-若葉マーク

スパゲティ 渡り蟹のトマトクリームソース
カニの出汁がしっかりソースに出ててとても良い味です。
パスタのゆで加減がほんの少し柔らかめなのが、もっちりしててかえって絶妙に美味いです。

$田園都市-若葉マーク

仔牛のカツレツ
パルミジャーノの風味が香ばしくサックリしてて軽い口あたりです。

$田園都市-若葉マーク

ティラミス
甘みが抑えめでエスプレッソの苦みが効いているので食べやすい。


スタッフのみなさんのサービスも温かく、居心地が良いです。
窓から見える景色のグリーンが鮮やかでとても恵まれた環境だと思います。
「こちらの常連になりたい!」と思いました。

(書き忘れてましたが最初に出されるサービスの「自家製フォカッチャ」が
これまた美味しい。ふんわりしていて生地の気泡がきめ細かくてほんのり塩味。)



$田園都市-若葉マーク

隣りが野球のグラウンドになってて少年野球チームが練習してた。
緑が多くまるで映画『がんばれベアーズ』の舞台カリフォルニアの野球場のようです。

帰路の車窓から見る風景もうっとりする美しさ。
気持ちもリフレッシュ出来たのでこの三連休みっちり仕事に励みます。






category: 食べ物のこと

tb: 0   cm: 0

  

高校の先輩から頼まれて新宿のある鍼灸治療院の
マスコットキャラクターの看板ステッカーを作った。
昨日依頼された店舗に貼りに行き、その後先輩とちょっと食事……のつもりが
居酒屋からショットバーへと2軒はしご。
妻に「ゆっくりしといで」と言われたのでお言葉に甘えた。
母校のOBのタレントやスポーツ選手の活躍、昔の福岡の事や大学時代の仲間のウラ話、
近代史と陰謀論、巷の闇世界の話しまでとにかく話題が尽きず色々と語り合った。
高校は一学年に約800人の生徒がいるマンモス校だったので当時は先輩とは面識なく、
大学時代のバイト先で知り合った。
バイト先は最盛期で70~80名近くの学生が在籍する大型店で、
ここでも先輩とはそれぞれ遊ぶグループが違ったが、
共に映画好きだと知って、映画の話しをしながら飲んだりして仲良くなった。
その後先輩は映像制作の仕事に就き20数年。そろそろ夢だった映画を撮りたいと、
映画製作についてのアイデアを語り合った。

話しは飛んで自分のルーツ探しについて話しをしていた時に、
お互いの先祖のルーツがある藩の家中につながるという共通点に驚いた。
豊後の藩の家臣が南九州の攻防戦で戦死し、一族がバラバラになった。
一部は筑後の小藩の藩主の血脈となりその子孫が先輩だ。
一部は筑前の寺社領○○庄(○○は僕の苗字)に流れ、姓を○○に改めた。
その子孫が僕だ。
すごく不思議な縁を感じた。

生きていて出会う人、住む場所。
すべては偶然ではなく何らかの縁があるのではないかと思った。



category: 生活と環境

tb: 0   cm: 0

東日本大震災

PR

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

メールフォーム

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。