脊髄小脳変性症ーSCDー患者家族の生活 ホーム »2013年01月
2013年01月の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

雪かき  

すごい雪になりました。
昼頃に妻が「車のワイパー立てといたら」と言うので
外に出て見てみるともうすでに車の上は25センチくらい積もってたので
ワイパーはあきらめました。
夕方になり雨に変わってきてご近所の方々も雪かきを始めた。
僕も玄関から表の道路までやり始めましたが、
3分も経たずに腰痛が……それでもなんとか騙し騙しやり終えました。
どうせ明日すぐに溶けるからとやらないお宅も多いですが、
我が家の場合郵便受けまでの通路がタイルですべりやすいので
新聞配達の人がすべらないように最低限やっておきます。

都内のマンション暮らしだとあまり経験しない事でしたが、
雪かきの他に、ネズミの死骸片付けだとか
散歩中に放置された(うちの真ん前に)犬の糞だとか
ハクビシンか何かが食い荒らしたゴミの片付けだとか
けっこうそんな雑用が発生します。
そういえば昨年末に妻が処分した下着が散乱したゴミの中にあり、
しかも僕の名前が記載されたDMと一緒だったのを
近所の人にバッチリ見られてしまったという……そんなこともありました。




スポンサーサイト

category: 生活と環境

tb: 0   cm: 4

主語抜きことば  

午前中に妻を美容室に連れて行きました。
昼に迎えに行き帰宅後、
「口がうまくまわらない」と妻。
最近口がまわらないのを気にしてる様子です。
夫婦間では気を遣わないので大丈夫なのですが、
外で店の人と話したり、友人と電話で話す際に感じるそうです。
確かに発音不明瞭な時もあり、
聞こえた通りに聞き返すと全然違ってて怒られることもあるのですが、
夫婦間の会話ではそれよりも、話してる話題とまったく関係のない話題を
しかも主語抜きで話されることが多く、
「それ何の話し?」と聞くことが多いのです。

うまく話せないことにいらだちを感じているようですが、
まだまだ90%以上はスムーズに聞き取れるので大丈夫だと思う。
それよりも主語抜き言葉をなんとかして欲しいのです。


category: 生活と環境

thread: 人生を豊かに生きる

janre: 心と身体

tb: 0   cm: 4

しょうびき餅  

雑誌の仕事は3日夜から仕事が始まり今夜校了。
明日からは早くも次号の作業が始まる。

今晩の夕食は妻からカレーのリクエストが出ていた。
しばらく雑煮が続いたからね〜
しかし冷蔵庫を見ると鮭の賞味期限が迫っていたので、
予定変更で『しょうびき餅』にした。
しょうびき餅とは茨城で食べられる餅に焼鮭をはさんだものです。

以前は正月はほとんど茨城の義父のところで義兄家族と一緒に過ごしてました。
元旦の朝食は雑煮としょうびき餅におせち。
生前義母はこの餅の食べ方を近所の人に聞くと
「そんな食べ方しねっぺよ!」と言われたらしく
こんな食べ方するのは義父だけだと言いはってましたが、
先日の『ケンミンSHOW』で茨城県筑西市周辺の餅の食べ方で
このしょうびき餅(名称もこの番組で知りました)が紹介されました。
博多は丸餅で小さいのでこんな食べ方は出来ません。
上京して以来すっかり餅は切り餅派になりました。


category: 生活と環境

thread: 人生を豊かに生きる

janre: 心と身体

tb: 0   cm: 2

愛宕神社〜2  

DSCN1794-low.jpg

今日は思いのほか風が冷たく冷え込んできます。
待つこと30分。ようやく参拝できました。

愛宕神社は僕の業界にはぴったりのご利益のようです。
この辺りには取引先があるのですが初めて参拝しました。

江戸時代はここ愛宕山や芝大門の楼門は眺望の良いスポットだったそうですが
今では隣りにこんな高層建築物があります。

DSCN1791-low.jpg

妻も『出世の階段』に挑戦したいと言っています。
普段坂道を散歩してるので脚力的にはギリギリなんとかなりそうですが、

DSCN1798-low.jpg

一応このトンネルの左側にエレベーターもありますので
次回は一緒に参拝したいと思います。


ちょうど前の道路が箱根駅伝の復路にあたり、
スタッフや応援の人たちの姿がちらほら。
でも寒いので早々に帰路につきました。



category: 生活と環境

thread: 人生を豊かに生きる

janre: 心と身体

tb: 0   cm: 2

愛宕神社〜1  

DSCN1783-low.jpg

愛宕神社を参拝しました。
今日は妻は調子が悪いので一人で行きました。

DSCN1788-low.jpg

これが有名な『出世の階段』ですね。
確かに急角度で一段のステップ幅が大きいようです。

DSCN1790-low.jpg

階段を登りきるといきなり行列。
最後尾を探すと拝殿の横の方までズラ〜りと続いていました。
階段を登ってくる人の多くが肩で息をしているようです。
ここは一応標高25.7Mの『山』だそうですが、
神奈川に転居して三年。
さすがになんともなかったです。

DSCN1793-low.jpg

20分経ってようやく拝殿前まで来ました。


category: 生活と環境

thread: 人生を豊かに生きる

janre: 心と身体

tb: 0   cm: 0

東日本大震災

PR

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

メールフォーム

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。