脊髄小脳変性症ーSCDー患者家族の生活 ホーム »2013年12月
2013年12月の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

2013大晦日  

昨年末の記事を読み返してみると、今年もほとんど同じ内容になりそうなことに気づきました。
違うのは、去年はたくさん仕事を抱えて忙しかったのに比べて、
今年末は不安と恐怖を抱えた年末です。ほんとにヒドい年でした。
どうやら大殺界という時期に入っているそうで、3年間は雌伏の時期だそうです。
しかしどんな状況でも本当に親身になってくれるのは、世の中で妻だけなのだと改めて気づかされました。



正月の間の楽しみでジェフリー・アーチャーの久々の新作『クリフトン年代記』の
第二部『死もまた我等なり』の文庫本の上下巻を買いました。

一応出版界に属するものとして再販を利用するのは、自分で自分の首を締めるようなものですが、
もはや自由に使えるお金が乏しくなってきたので、最近は本は専らアマゾンの中古品を利用しています。
そして読んだあとの本もやはりアマゾンに出品して再販しています。
それにしても本やCD、DVDが考えられないほどの安価で入手できるようになりました。
私が読みたい小説などは販売時期が少し経っているものは0円〜100円くらい(+送料250円)で入手できます。
逆にいうと小説やノンフィクションは出品してもほぼ売れない。
ビジネス書や経済・時事問題の書籍はよく売れます。
1200円くらいの書籍を850円くらいで入手して、読後は700円くらいで売れています。
こんなことをみんながやっては出版界が斜陽化するはずです。

その一方で電子書籍は再販ができないので今後は有望なのではないかと思います。
今までは紙媒体にこだわっていたのですが、Kindle Paperwhiteを使ってみると、
意外に読みやすく、また暗いところでも読めるので就寝前の読書には最適だと感じています。
まだコンテンツが少ないのが弱点ですが、電子書籍化に肯定的な作家さんもいらっしゃるので、
今後はもっと増えて欲しいと思います。
価格的にはもう少し抑えて欲しいな。ちょっと高いなと思う本も多いです。
印刷、流通経費がかかってないのに通常版の赤字分まで上乗せしてるんでしょうかね。



DSCN1898-low.jpg

COCOも正月に向けて先週シャンプーしました。ヨークシャーは体質的にちょっと匂います。
妻が膝掛け、着る毛布、一人用コタツなど温かグッズを買うたびに、
次々とCOCOが占領していきます。そしてすべてが犬臭くなってしまい妻が嘆いています(笑)
でも一人用コタツにもぐりこんで幸せそうに寝ているCOCOをみると憎めない。
可愛くってこっちまで幸せ気分になります。


さて今年もブログ閲覧頂きまして本当にありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いします。
皆様よいお年をお迎えください。



スポンサーサイト

category: 生活と環境

thread: ライフ

janre: ライフ

tb: 0   cm: 2

仕事納め  

世間では仕事納めの金曜日。
我が家の車の名義を会社から個人に切り替えることにしたのですが、
その前にディーラーの所有権解除をするために都内であちこちに行ってきました。
普段ウォーキングしているのですが、都会の街を歩き回るのは非常に疲れました。

2003年に会社にして、事務所を解約して自宅に引っ込んだ後も税務上有利なので法人のままにしていました。
ちょうど10年後の今年いっぱいで会社を解散することにしました。
諸々の登記手続きは年明けにやってもらうのですが、その前に車だけ自分で手続きします。

今度は川崎の陸運局へ行かないといけないのですが、
川崎市に住んでいながら川崎区周辺をよく知らないのです。大師くらいしか行ったことないなー。
いずれにしてももう年明けになりますが。
今日は大掃除をしました。家中の窓をきれいにしました。
明日は自分の部屋と外周りを。その後は恒例の夫婦だけの忘年会。
年末から正月にかけてはいろいろ勉強します。仕事のアプリケーションの使い方もおさらいしないとヤバい…
来年は少しはマシな年になって欲しいものです……。


category: 生活と環境

tb: 0   cm: 0

サプライズ  

a0728_000059.jpg

10月に妻が女子会で利用した駅ビルのレストラン。
夜のメニューが食べたいと妻が言うので昨夜行ってみました。
COCOに留守番をさせるのは昼間だけと決めていたのですが、
もうかなり環境に慣れたので短時間なら大丈夫かなと思い、夜の時間帯では数年ぶりの外食でした。


注文して料理を待っていた時に、妻がバッグから何やら取り出して、
「ちょっと早いけどクリスマスプレゼント」と渡してくれたもの。
僕のイニシャルの刺繍をプラスティックの小さなケースに入れたキーホルダーでした。
思いがけないサプライズでした。
先月からまた刺繍をやりだしたようだったのですが、まさかこれを作っていたとは…

最近私自身がどういうわけか朝新聞を読むときに、時々横方向に眼震がある時があり、
たぶん眼精疲労によるもので一時的なものだと思うのですが、
妻はこれが時には激しく一日中続くわけなので本当に辛いだろうなと改めて思い、
その辛い眼で一針一針縫ってくれたことを考えると胸が熱くなります。



駅ビルのエントランスは、金や赤、青のイルミネーションと、
きらびやかに飾られた大小のツリーで、クリスマスムードがたっぷりでした。
「クリスマスなんて……」と毎年いつも腰が重く、どこにも連れて行かないのですが、
こういうのもたまには良いものだなと思いました。


今日はショッピングモールへ出かけて、お返しに妻に服を買ってあげました。
普段着だし、しかもセール中だったので安かったのですが、数年ぶりのクリスマスプレゼントでした。



category: 生活と環境

thread: ライフ

janre: ライフ

tb: 0   cm: 6

4ヶ月振りの仕事  

先週のことですが、4ヶ月前まで一緒に仕事をしていた編集者R氏から連絡があり、
久しぶりに雑誌の誌面制作の仕事をしています。

ほんの少しの量で単価も安い仕事なのですが、なにしろ8月の校了日以来、
いっさい制作用のアプリケーションを立ち上げたこともなかったので、
仕事の仕方を忘れているんじゃないかと妻に冗談半分で言っていたのですが、
本当にアプリケーションの使い方を忘れておりました。

基本的な操作の仕方は、もう類似のソフトを含めて10年以上使用してきたので、
身体が覚えているみたいな感覚でなんとかなるのですが、
細かい設定の仕方などすっかり忘れており、少々困りました。
それでも比較的簡単な仕事なので明日には無事に納品できそうです。


仕事をくれたのはフリーランスの編集者なのですが、
その仕事の版元は昨年まで仕事を頂いてた五反田のG社。
R氏の担当分を管理しているのが副編集長M氏。
以前私が仕事をしていた月刊誌で何年か前に新人で入ってきた人だ。その新人が今や副編集長。
他の出版社でもかつての新人が編集長になっていたり、
若い頃から共に苦労をした同年代の編集部長や局長が今では編集以外の部署に移動されていたり、
あるいは退社されていたりします。
目の前の仕事に全力で取り組んでいるうちに、
知らない間に月日が経ち、すごく歳をとっていたことに気づかされます。
それにしても我々は消耗品なんだなぁ…古くなったらポイと捨てられる。

来年はどんな年になるんだろう。
今年の初めに〝出世の階段〟を登ったのは効果がなかったなぁ。
まあでもあきらめずにもう一回来年も登ってみようかと思います。

category: 仕事

tb: 0   cm: 0

診察日  


昨日は今年最後の診察日でした。

この日はどういうわけかやたら道路が混んでました。師走だからかな。

妻は冬になるとトイレが近くなって、午前中は特に頻繁に行くのですが、
午前中車で移動するとなるとこれが大変なのです。
病院へのルート上で川崎市内は高津区に2箇所、中原区に1箇所(駐車可能な)コンビニがあるのですが、
都内に入るととたんにコンビニの数が減るのです。
大田区区間中は特に皆無と言っていいほど無い。品川区だと長原に1箇所と次は病院を通り過ぎた場所に1箇所。


昨日は川崎市内も混んでいましたが、都内では洗足池あたりから再び渋滞してきました。
環七の手前あたりで遅々として動かない状態に、

「これは予約時間に遅れるかもしれないなー」と僕が言うと、

妻が「ヤバい……もうヤバいかもしれない……」

「えっ…もしかしてトイレ? 病院まで我慢できない?」

「ギリギリ我慢できるかもしれないけど、(すぐそばの)パーキングが空いてなかったらもう無理かも」
「プルプル(車に一応常備している携帯トイレ)使うしかないかな……」


というやりとりをしているうちに、なんとか環七を通過し、また渋滞。
ふと反対車線側を見るとセブンイレブンがあった。 あっ…そうだ。
車をUターンさせてセブンイレブンに妻を連れて行き、無事事なきを得た。
問題はここから短時間で元の車線に復帰することなんですが、
セブンイレブンのちょっと先から左折し、商店街に入り見覚えのある角から左折。
実は何年か前に妻が、生け花体験イベントに通っていた『区立心身障害者福祉会館』の建物が付近にあり、
その建物の前を通り過ぎると中原街道へ出ることができるのでした。
何度か送迎をしていたのでこの道を覚えていました。

診察の予約時間には10分ほど遅れましたが、担当の先生はヒマなようですぐに診察して頂けました。
まあ診察って言ってもここ最近は、複視で物が二重に見えるのを見やすくするために、
片目をつぶって見る習慣をつけるとか、そんなレベルの話しかしないんですけどね。

まあなんとか最後の診察が終わり、あとは延び延びにしてた区の健診を受けに行けば、
つつがなく年末を迎えることになります。
尿酸値が標準以内に収まってるといいんだけど……



category: 通院治療

thread: 病気と付き合いながらの生活

janre: 心と身体

tb: 0   cm: 0

東日本大震災

PR

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

メールフォーム

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。