脊髄小脳変性症ーSCDー患者家族の生活 ホーム »2014年10月
2014年10月の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

訪問マッサージ〜2  

病院からの書類が予定より早く届いたようで、今日から訪問マッサージが始まりました。
とは言えまだ今日の段階では全身の状態を調べるだけで先生は帰ってしまい、
実際の治療は次回以降となるようです。しかし早めに進展して良かったです。

妻の肩こりはここ数日は少し軽減しているようです。
かなり口酸っぱく「自転車こぎやりなさい」と何度も言ったので、2〜3日前からやりだしたようです。
やはり軽度でも有酸素運動はある程度は血液循環に効果があるようです。
「水泳やれたらいいんだけどな〜」と妻は言う。
10年くらい前に鶴見のゴミ処理場の余熱を利用した温水プール「ふれ〜ゆ」に通ってた時期がありました。
妻は水泳は得意なほうなので水の中に入りさえすれば自由に運動できます。
鶴見のプールと同じくゴミ処理場の温水プールが麻生区にもあるのですがあいにく工事中で、
近いところで他にないかと探してみると、新横浜にありました。

「横浜ラポール」http://www.yokohama-rf.jp/rapport/about/kojin.html

プールは更衣室で介助できないのがネックなのですが、ここは多目的更衣室というのがあります。
障害者のための施設なのでたぶんプールまでの動線も安全に設計されているはずなので、
近いうちに利用してみたいと思います。

それにしても川崎市にはケアセンターさえないのに、横浜市側は住宅街の中にケアセンターもあるし、
こんな立派な施設もあるし、隣同士の自治体なのに大違いです。

スポンサーサイト

category: 生活と環境

tb: 0   cm: 0

訪問マッサージ  

妻の肩こり・背中の痛みが治らず、夜眠れない日が続いています。
私の素人マッサージはもちろん湿布薬、処方された薬も効果が現れず。
前回の診察で主治医の先生にも奨められたこともあり、訪問マッサージを受けることにしました。

自宅の近所に訪問マッサージやリハビリ指導とデイケアなどをやっている所があり、
先週そこの先生が来て、妻の身体の状態を一通り検査しました。

マッサージを受けるには主治医の同意書が必要で、妻が大学病院に電話をしたのですが、
いつもながらひどい応対のようでした。
毎年の医療券の申請で書類を依頼する時もそんな感じらしいのですが、
確かにその大学病院の神経内科(と精神神経科、眼科)の事務員は、
何故かみなさんそろって覇気がなくいつも気怠げな表情なので、
仕事の姿勢もそんな感じなのかと想像できます。
主治医の先生は「書類は郵送してくれればいいよ。すぐに書くよ」と親切に仰ってくださるのですが、
郵送すると事務員からきつく抗議の電話が入り、こっぴどく文句を言われます。

そんなわけで昨日私が大学病院に書類を持って行ったのですが、
どうやら受付にいた女性が電話応対をした人物のようでした。
以前いた覇気のない人たちとは違う初めて見る人で、窓口での応対は普通でした。
いつもは3〜4人くらいいたと思いますが、時間帯のせいでたまたまかもしれませんが、
どうやらたった一人で事務を切り回していたようです。
ひっきりなしにやってくる書類の依頼者の応対に追われているようで、
内線の呼び出し音はずっと鳴りっぱなしで電話に出る余裕もない様子。
まあこの状態なら電話応対も多少ぞんざいになるのも仕方ないのかなとも思いました。
しかし、そもそも神経内科(フロア)の事務員なのだから、患者が自力で行動できない事情や、
毎日の色々な苦痛に悩んでいる状況を、もう少し考慮してしかるべきなのではないかとも思います。

こういったことがあり、当初は訪問マッサージを受けるのを妻は億劫がっていたのですが、
しかし実費で受けるとなると頻繁に受けることもできない金額なので、
保険適用で受診できるのはありがたいことです。
月末くらいには書類が届き、来月始めくらいから訪問マッサージとリハビリがスタートできそうです。


category: 生活と環境

thread: 医療・病気・治療

janre: 心と身体

tb: 0   cm: 2

東日本大震災

PR

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

メールフォーム

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。