脊髄小脳変性症ーSCDー患者家族の生活 ホーム »2015年07月
2015年07月の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

7月の妻の近況  

ここ最近私の話ばかりが続いていたので、
妻の近況を書いておきたいと思います。

少し前に女子会がありました。
小学校の同級生3人組が多摩方面から会いに来てくれて、
その少し前からメールやりとりの嵐で楽しそうです。
しかし、実際に会うと子育ての話題など疎外感を感じることも多いそうで、
複雑な面もあるようです。
しかし、私以外の他人とコミュニケーションをとる貴重な機会でもあるので、
私としてはそれもまた刺激として交友関係を大事にして欲しいと思います。

我が家の一階のトイレはなぜか20センチ以上の段差があり、
以前その段差を緩和できるように台を作ってあげたのですが、
それでもその台から床に足を降ろす際にバランスをくずすので、夜間は介助しています。
これまで昼間は比較的目の調子が良いので大丈夫だったのですが、
最近はバランスをくずして「ドスーン」と大きな物音をさせています。
トイレタンクに身体を打ち付けているので、
いつか便器を壊してしまうのではないかと、本人もひやひやしています。

最近テレビの健康バラエティ番組で「オメガ3」が脂肪燃焼を助けると聞いて、
「亜麻仁油」を買ってきてほしいと頼まれました。
偶然、すぐ近くの激安スーパーに置いてあったので買ってきました。
その後私自身もオメガ3に興味を持ち、「チアシード」に注目しました。
いつも利用するスーパーにも置いていたのですがamazonで扱ってるものの方が安かったので
こちらで買いました。「健康大陸 チアシード 200g
亜麻仁油はサラダにかけたり、最近よく作るガスパチョに混ぜたりします。
チアシードはヨーグルトやグリーンスムージーに混ぜて摂っています。
しかしこれだけ猛暑が続くと運動もできないので効果が表れるのはまだ先になりそうです。


スポンサーサイト

category: 生活と環境

thread: 病気と付き合いながらの生活

janre: 心と身体

tb: 0   cm: 0

湯布院の思い出  

大分にお住まいの妻の同病の方のブログ記事で、
「湯布院」のことが書かれているのを読んだ。
福岡と同様に昨今は中国、韓国の旅行者が多いそうだ。

湯布院がまだ今ほどメジャーな観光地ではなかった'70年代後半の頃、
私の祖父がリュウマチの治療で長期療養入院していて、当時小学生だった私は
祖父に着替えの衣類などを届けるお使いによく通った。
当時は今みたいな高速鉄道はなかったので、
博多駅から久大本線の鈍行で何時間もかかった。
朝早めに家を出るので途中居眠りをするのだが「次は豊後中村~(2つ手前の駅)」
というアナウンスがあるとハッと目を覚ましたものだった。
湯布院駅の駅舎も建て替えられる前の古い駅舎で、
バスターミナルで病院行きのバスを待つ間、
よく自販機の噴水オレンジジュースを飲んでいたのを憶えている。

kahaku_16.jpg
こんなやつです。当時一杯20円くらいでしたか。

「辻馬車」は当時すでにあり何度か乗りましたが、
柳川の川下りにも似たのんびりして良いものでした。

せっかく来たのだからと祖父が連れて行ってくれた「金鱗湖」は
龍が棲むという伝説があり、霧に煙ってとても神秘的に見えた。


時が移って20歳代の頃にドライブで訪れていた湯布院は、
見違えるほど整備されていました。
金鱗湖も前ほど神秘性は感じなかった。

有名な「夢想園」は由布岳が眼前に迫る露天風呂で、
風呂上りにはコクのある地ビールが美味く。
まだまだ静かで趣のある観光地でした。
結婚前に妻と義両親とうちの親類の顔合わせをした時も、
翌日はレンタカーで露天風呂に入りに行った思い出の場所でした。


2011年に箱根と京都に行って以来まったく旅行には行っていないのですが、
いつかまた湯布院や黒川温泉に行きたいねと妻と話しています。
しかし、その時にはもうだいぶ頭の中のイメージとは違ってしまっているのかもしれません。
私の頭の中の九州の観光地のイメージはだいたい40年くらい前のものだから。
中国なら文革の爪痕が残ってる頃だし、かなりズレがある。

福岡の太宰府天満宮の参道に中国人相手のラオックスができるというニュースを見て、
「とうとうそこまで浸食されたか…」という思いが重なり昔の記憶を綴ってみました。

category: 生活と環境

thread: 温泉

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

熱帯夜にアイスノン枕  

昨夜は風がそよとも吹かない熱帯夜でした。
かねてより用意していたアイスノンピローが役に立ちました。

妻が以前から夏の夜の寝苦しい時に普通のアイスノンにタオルを巻いて使用していて、
「身体が冷えてよく眠れる」と言っていたので、
枕になる製品があるのを知って試してみました。

確かに普通のアイスノンよりもやや柔らかい寝心地で、
冷たさも朝まで(6時間くらい)持続しました。
専用のカバーが付いているのですが、それだと私には冷たさが伝わらないので、
別の製品「冷えプル」用のカバーを付けて使用しています。
これ単体ではサイズが小さくて高さが足りないので、枕の上に置いて使用しました。
首筋が当たるような位置で寝ると、リンパ節が冷えて涼しく感じます。

我が家は寝室にエアコンがなく、妻も私もエアコンだと冷えすぎるのですが、
アイスノンピローと扇風機くらいでちょうど良い感じです。

category: 生活と環境

thread: 日々のできごと

janre: ライフ

tb: 0   cm: 0

記念日2015  

何もやらなかった昨年に比べて、状況は悪くなっているし
気分的にも沈みがちなのですが、
こんな私を信じて支えてくれている妻への感謝を表したくて、
横浜に食事に行ってきました。

P_20150711_112135-mid.jpg

窓からの景色を見ただけでも大いに気分転換になりました。
妻は眼震に加えてこの暑さで移動には少々苦労しましたが、
それでも喜んでくれて良かったと思います。

最近ついつい考え込んでしまい、状況に押しつぶされそうな気分になるのですが、
こんな弱気は歳のせいかな。
少し前にネットおみくじで「行き過ぎた謙遜は身を滅ぼす」と出た。
若い時の自分を思い出すとこんな無様は自分らしくない。
誰の力も借りず、誰の目も気にせず、傍若無人ながむしゃらが自分流だったはず。
なんとか今年後半戦で問題をクリアしたい。


category: 生活と環境

thread: 日々のできごと

janre: ライフ

tb: 0   cm: 2

パソコン修理はルキテック  

こんな過疎ブログに書いても何の影響力もないと思うけど、
ささやかながら感謝の意を表すために記事を書きます。

iMac(mid 2011/MC814JA)を修理するのにどの業者が良いかネットで調べて、
料金が安く、きめ細かいサービスに好意をもったので、
大阪のルキテックhttp://rukitech.net/)に修理に出したのですが、
今朝ルキテックから電話があり「このモデルはアップルでリコール対象になってますよ」とのこと。
どうやらグラフィックボードがリコール対象になっているようだった。
アップルに電話をしてルキテックから回収してもらう算段となった。
ルキテックは自社には何の利益にもならないのに、中継をしてくれることになりました。
webサイトを見ても普段から誠実な対応をしているのが伝わり印象が良かったのですが、
今回の一件でさらに好感を持ちました。

私自身が今後パソコンやタブレットの修理を出す機会があるかは分かりませんが、
その時は迷わずルキテックに依頼しようと思います。

大阪の人って親切だなぁ~ 

category: グッズ

thread: Mac

janre: コンピュータ

tb: 1   cm: 0

東日本大震災

PR

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

メールフォーム

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。