脊髄小脳変性症ーSCDー患者家族の生活 ホーム » スポンサー広告 »  »宗教について思うこと

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

宗教について思うこと  

TR2011040400056.jpg
とても胸を打つ写真だと思いました。
なぜか『弥勒』という言葉が浮かびました。
これが真の宗教家の姿ではないかと。

5年前祖父が亡くなった時に、通夜に僕たち夫婦が駆けつけた時に、
直前に父が斎場が派遣した坊さんを怒鳴りつけて追い返したと聞いた。
父が言うにはあまりにも威丈高でふざけた坊主だったそうだ。
妻の手前とても恥ずかしく「勘弁してくれよ~」とその時は思った。
急遽、うちが檀家になっている寺から坊さんが来てくれたが、
とても低姿勢でフレンドリーで説法も分かりやすく好評だった。
しかし、翌日の本葬は都合がつかないらしく
やはり斎場が手配して別の僧侶がやってきた。
その坊主はなにやら偉そうな態度で大僧正が被るような頭巾を被り、
読経のあいだに何やらわけのわからないシンバルのような法具を鳴らしたり、
ようするに形式だけで『心』がまったく感じられないのだ。
なんだか神経質で非常に気分の悪くなる坊主で、父は我慢していたが、
僕の方がキレそうな気分だった。

六本木や芝大門など都心でビルのようななっている寺と
ベンツで葬儀にやってくる坊主。
そして巨大な施設を構える新興宗教。
中東で果てしなく対立する宗教戦争。
本来の目的をはき違えた宗教家と
目的をはき違えた信仰者。
宗教の功罪について考えることがある。

僕自身は神道で、神棚を祭り朝晩の拝礼をしているが、
実家は浄土真宗の寺の檀家であり、その寺に墓がある。
まだ先の話しだけど、子供がいない我が家としては、
関東で墓を購入しても後々供養してくれる人がいない。
妻には縁のない土地だけど、その寺の納骨堂に入るしかない。
僕らが死ぬ頃には代替わりしてるかもしれないけど
あの坊さんに供養されるなら安心して墓に入れるなと思う。
宗教の種別や宗派は関係ないと思う。

くりの骨はまだ我が家のリビングにあるが、
今月末に49日過ぎたら納骨堂に入れようと思う。
まだ名残惜しく寂しいけどいつまでも引きずっては
くりが天国に行けないかなと思う。
霊園では卒塔婆だとか法要だとか勧めているが
くりに卒塔婆の意味がわかるわけない。
線香の匂いだって嫌いだと思う。
家ではミルクとボーロちゃん、フルーツをお供えしている。

形式ではなく真心なのではないかと思う。
この写真の僧侶の姿には、強く、限りなく深い慈悲の心を感じる。
強く胸を打ち揺さぶられる。
我々も犠牲者の冥福を祈り、今日ある命を大事に行きて行きたい。
そして次の世代のためにこの国の環境を守らなければいけない。

まだまだ災害は終わりではない。
プレートのどこかで力を溜め込んでいるのではないかと思う。
慢心せず備えて、いき延びなければいけない。




関連記事
スポンサーサイト

category:

tb: 0   cm: 8

コメント

こんばんは

奥様のウォーキング距離が延びて嬉しいことですね。暖かになり身体も動かしやすく、また陽気がいいので気分もよろしいでしょう。

この写真、心打たれますね。この地域のご住職でしょうか・・・ 心から亡くなった方の供養をしていると感じます。

私の実家の宗派は真言宗ですが、シンパルを使いますよ。(シンバルというのかどうかわかりませんが・・)
もうそれが読経の一部となっているので全然不自然ではありませんでしたが。。。
いろいろなご住職がいますよね。

法事もお墓参りも読経をあげてもらってはいるものの、所詮生きているものの満足に過ぎないと思います。逆に言えば読経なくても手を合わせるだけでも供養だと思います。

>今日ある命を大事に行きて行きたい
まさにそうですね。生きている有難さを感じ、精一杯日々を過ごすことが大事ですね。

さなりん #m.2.LkcQ | URL
2011/04/06 19:45 | edit

Re:さなりん様

> 私の実家の宗派は真言宗ですが、シンパルを使いますよ。(シンバルというのかどうかわかりませんが・・)
> もうそれが読経の一部となっているので全然不自然ではありませんでしたが。。。

そうなんですか……不勉強で失礼しました。
そういえば阿闍梨が被るような頭巾を被ってたので真言宗の僧侶だったのかもしれません。
まあ坊さんもそれぞれですよね。
言い訳になっちゃいますけど、真言宗自体には好感を持っています。川崎大師にもよく参拝に行ってました。

この写真の僧は、冷たい水の中で亡くなったであろう犠牲者の身になって
雪が舞うような寒い中足袋も履かず一心に魂の救済を願っているんでしょうね。
これこそ真の仏法僧の姿だなと思いました。

saginumaginu #- | URL
2011/04/06 21:15 | edit

僧侶の意思の強さと真心を感じる写真ですね。
こんな風に自分が出来ることを真摯に出来る人間になりたい。

Littlemama #- | URL
2011/04/07 00:17 | edit

Re: Littlemama様

こんな立派な人になるのは難しいですね。僕には無理です。

津波の時に最後まで避難を呼びかけて波にのまれた役場職員の女性や、
最後まで誘導を続けた警察官。
児童の避難を助けて命を失ったアメリカ人の英語教師の女性。
原発で命がけの作業を続ける方がた。
不自由な環境で明るい笑顔で助け合う被災者の方がた。
こういう人たちを見ていると
せいぜい義援金を送る事しかできない自分が小さく感じます。

首都圏でもし大きな災害があった時に彼らのように出来るだろうかと考えると
少し不安ですね。

日頃からの心構えが大事ですね。


saginumaginu #- | URL
2011/04/07 10:25 | edit

クリちゃんのこと

初めてコメントさせていただきます。脊髄小脳変性症と闘う夫と16才の娘を持つクリママといいます。
実は娘の名前が紅梨(クリ)といいます。
ブログを初めて見たときから、親近感を持たせてもらっていました。久しぶりにここを訪れて、クリちゃんが亡くなったことを知りました。どんなにお辛いことか。家族ですものね。難しいかもしれませんが、元気を出して下さい。
また時々、伺わせていただきます。
奥様の病気の進行が少しでも遅くなるよう、祈っています。

クリママ #qxVGQ7bc | URL
2011/04/13 20:06 | edit

Re: クリママ様

はじめまして。
娘さんのお名前可愛らしくて素敵ですね。

くりの事を気にかけていただきありがとうございます。
最近まで治療法や普段与えていた食事など、色々と後悔ばかりで考え込んでいましたが、
ようやくふっ切れたように思います。
葬儀の日にあの地震があり、原発の騒動。あれから色々な分野で情報収集し自分の中で考える事が多く、
ブログの更新が滞り気味ですが、妻のリハビリ散歩は少しレベルアップして継続しています。

クリママさんのブログ拝読いたしました。
ご家族のことを思うお気持ちよくわかります。
この病気に効く新薬が必ず出来ると僕も信じています。希望をもってがんばりましょうね!!

saginumaginu #- | URL
2011/04/14 01:10 | edit

saginumaginuさん、こんにちは^ ^
以前書いた友人というのは↑のクリママさんです。ビックリしました。
クリママさんが制作した応援メッセージビデオ
http://www.hawaii-webtv.com/tabid/218/movie/185alohajapan/Default.aspx
ご覧になったかもしれませんが、後半はじめの写真でピンクのTシャツのおやじが僕です。
来月は友の会の総会に出席する予定です(有給取得済^ ^;)
お知らせできるような良い話があれば報告しますので。。

ふんばっていきましょう!!

H!ro ^ ^ #- | URL
2011/04/14 11:59 | edit

Re: H!ro様

H!roさん
こんにちは。

> 以前書いた友人というのは↑のクリママさんです。ビックリしました。

そうでしたか!!いやぁ~…どこかでつながるものですねー。
こんなブログだけど、やって良かった。

> クリママさんが制作した応援メッセージビデオ
> http://www.hawaii-webtv.com/tabid/218/movie/185alohajapan/Default.aspx
> ご覧になったかもしれませんが、後半はじめの写真でピンクのTシャツのおやじが僕です。

見ました~。若々しいじゃないですか。
それにしてもH!roさんの活動は幅広いですね。

saginumaginu #- | URL
2011/04/15 11:34 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://supportscd.blog134.fc2.com/tb.php/107-3b7877e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東日本大震災

PR

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

メールフォーム

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。