脊髄小脳変性症ーSCDー患者家族の生活 ホーム » スポンサー広告 » 生活と環境 »お見合い

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

お見合い  

今日はお見合いでした。ワンコとの。

シェルターは代表者の方がすべての保護犬を世話してるわけじゃなく、
『預かり』さんや『運搬』その他の協力者の方々とネットワークを作って運営してるようでした。
代表者の方はつい最近まで福島の犬猫たちを毎日何頭も保護してらしたようで、
その活動は凄まじく、僕が小型犬一頭ひきとって自己満足するような
そんな甘い考えが恥ずかしくなってしまうほど、実情は過酷なようです。

横浜国大の近くの『預かり』さん宅へ伺いワンコに会ってきました。
『預かり』さんから聞いた繁殖場の現状も残酷で、情報としては知っていたものの、
改めて直に聞くとやはりショックでした。
会ったワンコは4歳でしたが、2歳から子供を生まされて
(チワワなので出産は難産になるそうです。)
何年もケージに閉じ込められてたので足の筋肉が退化してしまってるようで、
「用無し」になって捨てられるところだったようです。

あれほど酷いめにあいながらも人を憎まず。とてもなつっこい。
僕たちの姿を見ると無邪気に顔をペロペロと舐めてきます。
たまらなく愛しく、そして哀れです。
なんとかこんな事が無い世の中にならないものかと思います。


保護犬というと雑種をイメージしますが、純血種の方が多いくらいで、
「繁殖場から保護」されるというケースが多いようです。
『繁殖場から保護』って言葉を聞くと、
武装してランボーのように繁殖場を襲撃し、
捕われている犬たちを保護するのかと想像してワクワクするのですが、
実際はたぶん捨てられる予定の犬を交渉して保護するのでしょう。


僕たちの第一希望のワンコは他にも希望者がいらっしゃるようで、
審査待ちとなります。
妻はその子に夢中なのですが、
たとえ選ばれなくてもその子が幸せになれるなら良いと思います。
もっと不幸なワンコを救う機会になるので。


関連記事
スポンサーサイト

category: 生活と環境

tb: 0   cm: 2

コメント

NoTitle

この子は誰かな・・・・ご縁のある子はいますよ。どの子になるか楽しみですね。
suginumaginu家に来たら、どの子もお姫様のように大事にしてもらえるのでしょうね。

Littlemama #- | URL
2011/10/06 22:34 | edit

Re: LIttlemama様

くりの時は真冬以外はあまり洋服を着せたりしなかったのですが、
今度は色々買ってあげちゃいそうです。
これまで愛情をもらってない分思いっきり甘やかしたい~

saginumaginu #- | URL
2011/10/06 23:20 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://supportscd.blog134.fc2.com/tb.php/153-45a9fe90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東日本大震災

PR

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

メールフォーム

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。