脊髄小脳変性症ーSCDー患者家族の生活 ホーム » スポンサー広告 » 通院治療 »診察

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

診察  

今年最後の診察。
昨日から眼震がひどい状態が続いている妻は、
フラフラと危なっかしい足どり。

先生は今日もヒルトニンを奨めてきた。

以前ヒルトニンを打ったときにひどい目眩で立ってられない状態になり
妻の身体には合わないと何度も言ってるのに。

眼震の辛さを訴えたが
「僕の方でも他の薬を調べてみますが、そちらでも調べてみてください」との事だった。
前からずっと調べてますって…………



夜再び病院のあたりを通ると、本館の玄関前にイルミネーション。
青白い光がキラキラと輝いていた。


打ち合わせ先の出版社ではいつも解放されてるドアがロックされてて厳戒態勢。
「放火予告」をされてるそうでした。
詳しいことははぐらかされて教えてもらえなかったけど、
今日行った出版社も、別の出版社も訴訟や脅迫は日常茶飯事。

真実を追求すると脅されたり陥れられたり。
暴こうとすれば命を失う。
いかに世の中が偽善と欺瞞に満ちているかということだ。

関連記事
スポンサーサイト

category: 通院治療

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://supportscd.blog134.fc2.com/tb.php/175-17cf6d9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東日本大震災

PR

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

メールフォーム

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。