脊髄小脳変性症ーSCDー患者家族の生活 ホーム » スポンサー広告 » 通院治療 »明日は診察の日

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

明日は診察の日  

明日は妻の、二月に一度の昭和大病院の診察の日です。
ちょうど雑誌の校了日と重なってしまった……
しかも今月はいつもより日程がきびしく、進行は遅れ気味…
ちょっとマズイな…と思っていたが。なんとか追いつきました。
しかもブログの更新をする余裕まで出来た。
僕の進行に編集部が追いついてないのでした。

明日は「眼震」の薬についての相談をするので僕も同席する事にしました。
順天堂から昭和大に変えて、最初の頃は僕も診察室まで同席してましたが、
診察室前の待機場所は、車イスの方や、僕らよりももっと介助が必要な方が
たくさんいらっしゃって、僕のようなデカブツがいると邪魔になってしまうので
待合室で待つようになりました。


妻は順天堂大病院には一年くらい通いましたが、
当時は昭和大の婦人科の手術後の経過診察があり、
神経内科の診察と重なる事もあったので、順天堂では両方に行くのが不可能でした。
それに、あまりに待ち時間が長いので、
セレジストを処方してもらうだけだったら、なにも順天堂じゃなくてもということで、
当時の自宅に近い昭和大病院に変えました。
昭和大も日によっては長い時間待たされる事もあるのですが、
順天堂や虎ノ門に比べれば全然マシな方です。

ちなみに、神経内科があるのは昭和大病院の本館ではなく、
中原街道を挟んで反対側の別館、正確には「昭和大学附属東病院」になります。
もう一つ余談ですが、今住んでいる所からほど近い、
横浜市営地下鉄の「センター南駅」のそばに、
「昭和大学横浜市北部病院」という系列の病院があるのですが、
こちらは、ドラマ『救命病棟24時』の第二シリーズのロケ地だそうです。
妻が進藤先生ファンなので近くを通る時に教えたら喜ぶかなと思って
したり顔で教えたら、意外にも「ふぅーん……」という反応でガックリでした……

以前は、僕が忙しい時期は妻は一人で病院に行って、
帰りはブラっと回り道をして、桜がきれいな立会道路を通って帰ってきたりしてたそうです。
2年前くらいから、旗の台駅から病院までの距離を歩くのが危なかしくなってきたので、
僕が介助するようになり、川崎に転居した今では車で行くようになりました。
時間が合えば、病院のすぐ近くの戸隠そば店「百々亭」で食事をとります。
こちらの蕎麦は僕も妻も好きで、今でもよく行きます。
明日は時間がないのでちょっと無理かな…たぶん帰宅してから怒濤の校了に突入するので。
関連記事
スポンサーサイト

category: 通院治療

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://supportscd.blog134.fc2.com/tb.php/25-0410bf77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東日本大震災

PR

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

メールフォーム

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。