脊髄小脳変性症ーSCDー患者家族の生活 ホーム » スポンサー広告 » 通院治療 »昭和大診察

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

昭和大診察  

午前中、妻の昭和大東病院神経内科での診察に付添いました。
11時の予約で、さほど待つ事もなく診察室に入れました。

現在処方されている、セレジスト、アリナミンF、ビタミンB複合剤の他に、
漢方の粉薬と、デパス錠(筋緊張緩和剤)、頭痛薬、胃薬、目薬があるのですが、
このうち漢方は服用する際にオブラートを使用してもむせるようで、
特に薬効もないので中止。
デパス錠は飲むと、頭痛と頭のモヤモヤ感があるのでこれも中止。

で、今日は新たに眼震に有効性がある「バクロフェン」「ギャバペンティン」系の薬について、
担当の先生に相談してみました。
否定的な意見が出るかと予想していたら、
「試してみましょうか」とあっさり言われた。
副作用として卵巣嚢腫発生率の増加があげられている事について意見を聞くと、
ホルモン剤ではないから、その心配はないでしょうとの事。
ただし、筋弛緩性の薬だから、
ダルさや頭痛があったらすぐに服用を中止するように言われました。
1錠が10ミリグラム、服用上限が一日30ミリグラム。
最初は5ミリグラムから始めましょうとの事で、
薬局で1錠を半分に割り、それを丁寧に半錠づつ紙パックに入れてくれました。

薬局の人って接客態度にしても、とても親切です。
去年まで住んでたマンションのそばに薬科大があるのですが、
けっこう今どきの「ギャル」っぽい女の子や、
ちょっと乱暴な感じの男の子も通っています。
彼女らも薬剤師になったらちゃんと立派にやれるのかな……。

僕が薬の事を調べて、先生に提案した事を妻はとても喜んでいました。
僕に出来る事はネットで情報を調べる事くらいしかない。
でも調べると色々とまだ知らない情報が出て来る。
まだまだ僕らの知らない薬があるかもしれません。

今回の薬はすごく微妙な薬です。薬効に個人差もあるでしょうし、相性もある。
量が過ぎれば「毒」にもなり得る薬なので、注意して飲まないといけない。



それにしても今の時間にこうしてブログが書けるという事は、
ありえないほど原稿が遅れてるという事で非常にマズい…

関連記事
スポンサーサイト

category: 通院治療

tb: 0   cm: 2

コメント

こんばんは~。原稿来ましたか~?

薬が効いて、奥様の眼震がおさまると良いですね。

夫は、薬が嫌いでなるべく飲みたくないようです。
でも泌尿科の薬も今だに服用しています。

早く本当に効く薬に出会いたいですね。

Littlemama #- | URL
2010/09/02 20:40 | edit

ありがとうございます~!!

いや~  何とか収束に向かっております。

この手の対症療法の薬って
全体的に筋弛緩して力が入らなくなったりしがちだから
ちょっと試しにってくらいの気持ちでいたほうがいいかもです。
それにしても妻の担当の先生
こんなにすんなり処方してくれるなら
早くこの薬勧めてくれればいいのに…と思いました。
何でもこちらで調べて提案していかないとダメですね。

CRAG遺伝子治療が実現する事に期待するしかないですね。

saginumaginu #- | URL
2010/09/03 19:30 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://supportscd.blog134.fc2.com/tb.php/27-4eda6cfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東日本大震災

PR

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

メールフォーム

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。