脊髄小脳変性症ーSCDー患者家族の生活 ホーム » スポンサー広告 » ワンコのこと »保護犬~経過

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

保護犬~経過  

先日のお見合いの時に、第一希望だったチワワの女の子にくっついてきた
ヨークシャーの男の子がいた。
同じ繁殖場で保護された子でチワワのそばを離れないようだ。
先天性の心臓肥大があり、里親希望者がいないとのことだった。
もしうちがチワワを引き取ることになるとその子は一人ぼっちになってしまう。それは避けたい。
しかしながら妻はチワワの子にぞっこんだった。
二日間にわたって話し合ってなんとか妻に同意してもらい
シェルターの代表者さんにその旨メールした。
同時に近くの動物病院の口コミ情報を調べ、

・トリミングもやってくれて評判も良い近くの動物病院(ホームドクター的に)
・設備が整ってて院長の評判が良い麻生区の動物病院(重い病気になった場合)
・大学病院(高度医療が必要になった場合)

3つの用途で動物病院をピックアップした。
代表者さんに薦められた食事療法の本も注文し、用意は万全。


そして連休最終日の今日代表者さんから連絡をいただいた。
やはりヨークシャーの子を引き取ることに決まった。
12日からトライアルが始まる。
うちに慣れてくれるだろうかとちょっと不安はあるが、
とにかく受け入れ態勢を万全に整えるために
プレミアムフードを『POCHI』に注文。(9ヶ月ぶりの注文だった)
ペットフォレスト(ここは8ヶ月ぶり)でベッドや消耗品も買い物してきた。
4日前に初めて会ったその子に早く会いたい。

生い立ちが不幸な小さな命。僕たちがほんのちょっと努力すれば幸せな犬生を送らせてあげられる。
関連記事
スポンサーサイト

category: ワンコのこと

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://supportscd.blog134.fc2.com/tb.php/276-9de0cc39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東日本大震災

PR

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

メールフォーム

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。