脊髄小脳変性症ーSCDー患者家族の生活 ホーム » スポンサー広告 » 生活と環境 »新居マンション購入から売却~1

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

新居マンション購入から売却~1  

 結婚当初は品川区のTOCビルにほど近い賃貸マンションに住んでいました。妻は室内のちょっとした段差に足をひっかけて転倒する事があり、よく泣いていました。大人なのによく泣くなあと思っていましたが、自分に対しての腹立たしさからのストレスで泣いていたようです。翌年、住んでいた場所から西へ5分ほどの所に分譲マンションが建設される事を知って、そのマンションを購入しました。当時は仕事の状況も盛況で数年で繰り上げ返済できるのではないかと甘い読みをしていました。月々のローンの返済額もそれまでの賃貸の家賃よりも安く、何も問題が無いように思えました。何よりもバリアフリーで室内に段差がまったく無いのが、妻にとっては快適な環境になるはずでした。

 マンション購入に際しては妻は大変な喜びようで、歩行の不調の悩みも一時は忘れているかのようでした。翌年春にマンションが完成して入居し、それから半年くらい経ち生活も落ち着いた頃、以前から生理の前後に重い腹痛に悩む妻を、隣り町の旗の台にある昭和大学病院の婦人科に行かせたところ、『子宮内膜症』による『卵巣膿腫』という症状で、卵巣の内部に膜があり、その内部に経血が溜まりチョコレート状に固まり、卵巣が野球のボールくらいの大きさになってしまっているとの事が判り手術する事になりました。
 手術自体はそれほど難しい事ではなく3時間ほどで終わり、2週間後に退院しました。長年悩まされた重い生理痛からやっと解放されたのです。この事がきっかけで高度医療機関での診察で歩行の不調の原因が判明するのではないかと思い、翌年の順天堂大学病院での診察を受ける事につながりました。
関連記事
スポンサーサイト

category: 生活と環境

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://supportscd.blog134.fc2.com/tb.php/3-74ddaa08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東日本大震災

PR

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

メールフォーム

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。