脊髄小脳変性症ーSCDー患者家族の生活 ホーム » スポンサー広告 » 防災 »家屋を倒壊させるキラーパルス

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

家屋を倒壊させるキラーパルス  

昨日の記事で地盤の揺れ易さを調べるサイトをご紹介しました。
我が家のある場所はどうやら人工的な造成地のようで、地盤としては軟弱地盤のようです。
近所の新築工事で、地盤改良工事の際には毎日「震度1」くらい揺れ、
トラックが通っては揺れ、強風が吹いては揺れ……大丈夫だろうか…

阪神淡路大震災のときと比べて東日本大震災のときは、
地震による建物の倒壊は少なかったそうです。
この違いは何故かというと、家屋が共振して倒壊するのに
稍短周期地震動(キラーパルス)が関係するそうです。
この周期ですが地盤の固さが関係するそうで、一般的には西日本より東日本の方が固いそうです。

しかし東日本といっても都内城東地区や川崎、横浜の沿岸部は注意が必要です。

持ち家の方は簡易的な補強工事もあります。
我が家は借家なので耐震工事をすることはできませんが、
戸建ては玄関付近が構造体が集中していて比較的壊れにくいと言われています。



飛んでくる家電品が凶器となります。
倒れてくる家具がバリケードになって避難経路を塞いでしまいます。

たとえ家が倒壊しても生き残れるように、避難できるように、
家具や家電品の固定をしておきましょう。

関連記事
スポンサーサイト

category: 防災

thread: 地震・天災・自然災害

janre: ニュース

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://supportscd.blog134.fc2.com/tb.php/376-3d58faf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東日本大震災

PR

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

メールフォーム

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。