脊髄小脳変性症ーSCDー患者家族の生活 ホーム » スポンサー広告 » 生活と環境 »コウガイビル

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

コウガイビル  

04030003.jpg

昨日、雨の中外出から帰宅すると、駐車スペースの車の下で何やら黒いものがウネウネ。


「な…何ぞこれ?」


雨の日はミミズがのたくってるのはよく見るのですが……黒い…
しかも頭が「T」字型になっている。
子供の頃釣りの餌でゴカイやイソメはよく使ってましたが、
初めて見る生き物で、思わず携帯で撮りました。

調べてみると、
扁形動物門ウズムシ綱ウズムシ目コウガイビル亜目コウガイビル科コウガイビル属
なんと子供の頃から見てみたかった『プラナリア』の仲間だそうです。

こういうものを妻が見るとたぶん卒倒してしまいます。
でも妻の天敵のミミズやナメクジを補食するので「益虫」と言える生き物です。

ウネウネとくねってどこに行ったのだろう。
干涸びずに生き延びておくれ。



にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

category: 生活と環境

tb: 0   cm: 4

コメント

庭でよく見かけますがプラナリアの仲間だとは知りませんでした。
切ったら二匹になるのかな?

Littlemama #- | URL
2013/04/05 10:50 | edit

Re: Littlemama様

> 庭でよく見かけますがプラナリアの仲間だとは知りませんでした。
> 切ったら二匹になるのかな?

コメント読んで妻が爆笑してましたよ。
ぜひやってんみてください(笑)再生能力はあるみたいですね。
関東では普通にいるものなのですね。
子供の頃『水の生物』という図鑑が大好きで、
中でもプラナリアが顔(?)がかわいくて、不思議で一番興味が沸く生き物でした。

saginumaginu #- | URL
2013/04/05 14:52 | edit

なんか、懐かしいです。

名前は知りませんでしたか、蒜の仲間だろうとは思っていました。
二十年近く前ですが、大型犬を散歩させながら、川の渕を歩いていると、
ズボンにくっ付いていることが多々ありました。
でも、最近は見掛けませんね。
生息地域が限られているのでしょうか。
因みに、小生は蛇は触れますが、ミミズとナメクジは触れません。
なので、釣はしません。

マンポー・パパ #- | URL
2013/04/05 17:03 | edit

Re: マンボーパパ様

全体の形がよく分かるように白いタイルの上に移してから撮ろうと思ったのですが、
なんとなく禍々しい形で触るのをためらいました。
でもこのコウガイビルっていわゆるヒルとは別の生き物で
血を吸ったりはしないそうです。
口と肛門が兼用だそうで、より原始的な生き物のようですね。

子供のころは平気でしたが、今はゴカイとかあんまり触りたくはないですね(笑)

saginumaginu #- | URL
2013/04/05 18:35 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://supportscd.blog134.fc2.com/tb.php/389-fa8ea5c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東日本大震災

PR

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

メールフォーム

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。