脊髄小脳変性症ーSCDー患者家族の生活 ホーム » スポンサー広告 » 通院治療 »リボトリールを再び処方された

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

リボトリールを再び処方された  

昨日は診察日でした。

妻はここ数日眼震がひどく、夜になるととても不機嫌でした。

自宅から病院まで30〜40分車に揺られて、病院に着いた時には目が揺れ過ぎて歩行が困難な状態。
いつもは医師からは「復視のせいでしょう」「片目をつむってれば…」という的外れな助言ばかり。
昨日は珍しく眼震の症状を抑える薬を処方されたのですが、それが「リボトリール」。
聞き覚えがある薬名でしたが、医師は「カルテでは今まで処方してないですね」と言う。
さきほどブログ内で検索してみると、2011年8月に処方されて、脱力で妻は転倒していました。
ネットで調べてみると効き目も副作用もマイルドなほうだという。
もう今朝は服用してしまったので、様子を観るしかないですが。
この薬が合わなければ、次回はパーキンソン病用の薬を試してみましょうと言われた。

なんとも頼りない先生だが、それでも順天堂病院に通うよりはいくらかマシで、
今はこの先生の提案を試すしかない。

関連記事
スポンサーサイト

category: 通院治療

thread: 医療・病気・治療

janre: 心と身体

tb: 0   cm: 2

コメント

そうですか。
やはり、不機嫌になりますよね。
我家の家内も体調の善し悪しで、かなり機嫌が違います。
まあ、これも月の物があった頃のことを考えれば、定期的に来るものと諦めています。
ただ、SCDの処方薬を服用してから、ナルコの症状がぶり返している様で、
頭の中がボーっとしていることが多いようです。
それ故に、当方の話を聞いているようで聞いていないようで、同じ事を何度も聞きなおします。
これには、小生もイラっと来てしまいます。

気休めかもしれませんが、耳鼻咽喉科で検査をされてみては如何でしょうか。
耳鼻科医師の話は、脳神経内科の医師とは違った科学的な説明が多く、出ている症状の改善に向けて、
何か違うヒントを得る事もありうるような気も致します。

マンポー・パパ #- | URL
2013/04/13 14:16 | edit

Re: タイトルなし

奥様の症状もお辛いことと思います。
難病の症状の辛さは本人以外にはなかなか分かり辛いものだと思います。
そして支える家族の辛さもまた、本人以外には分かり辛いものなのではないかと思います。

耳鼻科ですね……何度か担当医に眼科や耳鼻科でも視てもらいたいとは言ったのですが、
「あまり意味がないですよ」とのことでやめておきました。
私が通っている耳鼻咽喉科ではおそらく行っても意味がないことになりそうですし、
診てもらうなら、大学病院内の耳鼻咽喉科が良いとは思いますが……まあ機会があれば。

saginumaginu #- | URL
2013/04/13 19:54 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://supportscd.blog134.fc2.com/tb.php/399-1ab668ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東日本大震災

PR

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

メールフォーム

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。