脊髄小脳変性症ーSCDー患者家族の生活 ホーム » スポンサー広告 » 症状 »『最新人体ミステリー シンドロームX』という番組でSCDについて

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『最新人体ミステリー シンドロームX』という番組でSCDについて  

日曜日19時からTBSで放送していた「最新人体ミステリー シンドロームX」という番組。
妻はキッチンに立っており、僕は仕事中で観てなかったのですが、
妻が言うには「脊髄小脳変性症と聞こえたのであわてて後半だけ観た」とのこと。
なんでも20年間青汁だけの食事でSCDの症状が改善したそうだ。
番組HPで確かめてみると、確かにそのような内容。
どなたか観た方はいらっしゃいますでしょうか?

情報の信憑性は不明ですが、最近新聞の2面の書籍広告で腸内環境について書かれた書籍をよく見かけます。
腸内の細菌を善玉菌でいっぱいにすることによって、体調が改善するという理論です。

番組の方のような極端な食生活をまねをするのは、一般的には有害だと思う。
たんぱく質や脂質、コレステロールだって身体の維持には必要な成分ですし。
でも、最初は週に一日から夕食を野菜ジュースや野菜スープのみにするのはどうだろう。
腸内改善のためにやってみる価値はあるかなと思いました。



先週は妻の体調がひどく悪かったのですが、今日はいくぶん良いようでした。
リボトリールも飲まなかったのでそれも良かったようです。

昨日はリボトリールを飲んだのですが、試しに散歩に出てみると、足が出にくいようでした。
特に上り坂は脚に力が入らず登るのに苦労していました。
眼震については、室内で静かにしている分には薬の影響か少し落ち着くようです。
でも外に出て歩くとやはり眼震はひどくなり、脱力もあるのであまり飲む意味はないようです。

---------------------------------------------------------------------------------------
追記

調べてみたらその番組の方のことらしきブログ記事がありました。
どうなんでしょう。半信半疑ではあるのですが。

http://blog.goo.ne.jp/green7pp/e/3f950ca08a5c40ed8d4ddec8ad0aec83

森美智代さんという方で下記amazonリンクに著書もあるようです。

「食べること、やめました」―1日青汁1杯だけで元気に13年



関連記事
スポンサーサイト

category: 症状

thread: 医療・病気・治療

janre: 心と身体

tb: 0   cm: 4

コメント

夫が発病して半年以上たってからですが、娘が教えてくれました。
早速本を買って読みました。甲田式断食法とやらも買いました。
断食もやってみたかったのですが、甲田先生がすでに亡くなられた後だったのでできませんでした。
が、とある方からの勧めでプチ断食を2・3回やりました。玄米食も試したら体重があっという間に落ちました。
そして、森さんの本を読んでいくうちに免疫療法の安保先生とか石原先生とかに繋がっていきます。
西洋医学では治せない病気が東洋医学で治ったとか、少し改善されるとか・・・
結局便が出ないと言えば、西洋医学ではすぐ便秘薬の処方でしかありませんよね。
他のブログを遡って見ていると、東京大学の岡部哲郎先生のことが書いてありました。
東洋医学を研究されている方です。漢方・生薬で病気を治すと言われる方のようです。
少し前にNHKの朝のテレビ「あさいち」という番組で漢方の事をやっていました。
私達も住んでるところで診て貰える(その時は便秘の事で)ところは無いかとさがしました。
あるにはあったのですが、漢方処方は保険が使えないので諦めました。
我が家は国民年金なので障害年金がまだ貰えていません。
この度、申請をしてみようとかかりつけの病院の相談員さんに勧められ書類を揃えているところです。
年金が出ると、もう一度探してこの病気に対応してくれる病院を探そうと思っています。

今日から3週間の予定で広島西医療センターにリハビリ入院しました。
高速を通って約1時間です。
初めての入院で、久しぶりのベッドなので落っこちなければいいんですが。
リハビリと磁気治療です。少しでも良くなってくれればいいのですが。

話が長く、横道に逸れました。
日中暑いくらいでしたが、奥様お体気を付けてください。

ぼちぼち #- | URL
2013/04/15 17:08 | edit

Re: タイトルなし

ぼちぼち様

貴重な情報をありがとうございます。
あれから色々と調べていくうちに、これは試してみる価値があるのではないかと思っているのですが、
どうも妻が気乗りしないようで、なんとも気が抜けるのですが……
とりあえずは森さんの本を読んでみようと注文しました。甲田先生の著書も読んでみようと思います。

漢方治療はこのブログの最初の頃の記事に書きましたが、妻がSCDと病名が判明した頃に、
こちらの日本大学病院で中国の日中友好病院から派遣された医師の処方で、
2年間くらいでしたか…(もう覚えてうないのですが)続けた事があります。
漢方薬は高価でしたが、当時住んでいた東京都は補助金など福祉が充実してたので、
薬代に充てることができました。
これから漢方治療なさるというのに水を差すようで申し訳ありませんが、
通うのも漢方薬局に行くのも、さらに毎日煎じるのも大変でした。その割りに成果が出ませんでした。
漢方は処方される先生の技量にも左右されるかもしれません。
妻の担当医は中国人でも若い女性でしたので、経験が不足していたのかもしれません。
磁気治療と今後の漢方治療、良い結果が出ることをお祈りしております。


saginumaginu #- | URL
2013/04/15 17:58 | edit

はじめまして。
話すと長くなりますが、私は鍼灸師で、長男の脳障害を改善するためにまずは腸をととのえようと治療法を模索している中、森さんのことを知り、西式健康法と甲田療法を子ども向けにアレンジしているところです。
私は症状の根源を考えています。脳の障害ではあっても、生命体として最も大切な臓器は胃腸と皮膚です。
西洋医学でも腸も皮膚も最大の免疫器官であり、呼吸器官です。また自律神経の傾きがよくわかります。
胃腸の負担を減らしていくうちに徐々に免疫力が高まって、脳の症状が改善される可能性があります。
いきなり断食をするのではなく、まずは腸に負担のかかる動物性食品(肉や油脂)を控えていったらいかがでしょうか?
あと、大腸を動かすために胃が空になる時間をつくります。胃が空のときに食べ物が入ると胃・大腸反射で自然に便通が良くなります。
そして大量の生青葉で作った青汁は小腸内で微生物・腸内共生細菌を増やし、造血につながります。
ダイエットにもテキメン!効果的です。

奥様の症状が一日も早く改善されますように。

わらた #gR1vAfIU | URL
2013/04/16 01:36 | edit

Re: タイトルなし

わらた様
はじめまして。
心強い助言を頂きましてありがとうございます。
私も何故、妻が突然この病気を発症したのかが以前から心の中で引っかかっておりました。
身体のメカニズムは詳しくは分かりませんが、小脳の病気であっても原因の根本は、
生活習慣から来る別の所にあるのではないかとうっすらと考えていたことと、
最近よく見かける腸内改善について書かれた書籍の数々。それらと森さんのエピソードが結びつき、
「これは試してみる価値があるのでは」と思いました。

『まずは腸に負担のかかる動物性食品(肉や油脂)を控えていく』確かに、いきなりはハードルが高く、
妻も今ひとつ乗り気でないのです。動物性食品を減らすことから始めていこうと思います。
既に実践されておられる方からの言葉は大変勇気づけられます。

ご子息のご病気が一日も早く改善することをお祈り申し上げます。
お互いに良い報告がし合えるように頑張っていきましょう!

saginumaginu #- | URL
2013/04/16 01:55 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://supportscd.blog134.fc2.com/tb.php/402-27728b2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東日本大震災

PR

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

メールフォーム

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。