脊髄小脳変性症ーSCDー患者家族の生活 ホーム » スポンサー広告 » 仕事 »iMac mid 2007 HDDをSSDに換装

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

iMac mid 2007 HDDをSSDに換装  

5月8日の記事のHDDが故障したiMac。
これまではHDDが壊れたら廃棄処分していましたが、インテル以降のiMacは性能が良く捨てるにはもったいない。
メインが故障した時の予備なので、一応は正規サービスプロバイダで修理しておくべきかと思いましたが、
修理代がかさむし持って行くのが面倒くさいので、やはり自分でHDDを換装することにしました。
緊急用マシンなので容量はそれほど必要とせず、起動の早さが魅力なのでSSDに換装することにしました。


HDDからSSDの入れ替えについてはいくつかのブログ記事を参考にしましたが、
あまり触れられてない注意点があるので、以下の記事に記録しておきます。



DSCN1851-low.jpg

今回、SSDはこちらのインテルのものを用意しました。
インテル Boxed SSD 335 Series 240GB MLC 2.5inch 9.5mm Jay Crest Reseller BOX SSDSC2CT240A4K5


主に使用する工具はトルクスドライバー。
多サイズセットのアタッチメント式のものはiMac内部のマグネットにくっついて使いづらい気がしたので、
サンワサプライ製のT8とT9の2本セットを選びました。
SANWA SUPPLY TK-002 ドライバーセット


その他に用意するもの

・バキュームリフター(台所用のフック吸盤で代用しましたが、ちなみに下記がバキュームリフター)
 スリーアキシス(three axis) バキュームリフターミニ2個組 最大耐荷重2kg 15901
・プラスドライバー
・油性マジック(黒/赤)
・エアダスター

DSCN1852-low.jpg

iMacの液晶ディスプレイガラスを吸盤ではずします。(参考ブログでは上の方につけると外しやすいそうです)

次に筐体のトルクスネジをドライバー(T9)で外し、筐体前面パネルを取り外します。

【注意1】筐体を外す前に底面のメモリカバーをプラスドライバーで外しておく。
【注意2】筐体を完全に外す前に天面のマイクコネクターを外しておく。


次に、液晶パネルを筐体前面パネルと同様に取り外します。

DSCN1859-low.jpg

【注意3】液晶パネルから4本のケーブルを外しておく。
※ケーブルのコネクターにそれぞれ油性マジックで印を付けておくと間違わなくて良いです。
※この他に平面コネクター(黒色のケーブル)が接続されていますが、これは外さずにそのまま作業しました。

HDDを上から固定してある部品のネジ2本を外します。

DSCN1860-low.jpg

HDDの中央部に留めてあるスポンジを取り、温度センサーを外します。

DSCN1861-low.jpg

DSCN1862-low.jpg

HDDから2本のケーブルコネクタを抜き、HDDを取り外す。

DSCN1866-low.jpg

取り外したHDDがこちら。

DSCN1868-low.jpg

この後取り付けるSSD(下)と比べるとかなりサイズに差があります。

DSCN1869-low.jpg

コネクターの位置に合わせて何かスペーサーを挟まないと固定できないのですが、
適当なものが無いので部屋にあった発泡スチロールを切って、セロテープを巻いてスペーサーにしました。

DSCN1870-low.jpg

両面テープで固定し、SSDを取り付けます。

DSCN1871-low.jpg

温度センサーは適当にテープで貼付けておきました。
ファンの動作に問題があるようでしたら追って対策を記事にしようと思います。

この後は液晶ディスプレイと筐体前面パネルの取り付けですが、僕の場合ここで問題が発生しました。
光学式ディスクドライブの動作に異常が発生し、OSのDVDが読み込めない。
再度筐体前面パネルと液晶ディスプレイを取り外して調べてみると、どうやらケーブルコネクターが浮いて、
液晶パネルとの間でディスクドライブを圧迫してたのが原因のようでした。

【注意4】液晶パネルを閉じる際にケーブルコネクターを挟まないように注意。(念のため)

さて、ハード面はこれで終了です。
設定面での注意ですが、実はこのままOSをインストールしようとしてもSSDは認識されません。
次の手順が必要です。

【注意5】OSインストールの前にSSDのフォーマット。

OSディスクのメニューから「ディスクユーティリティ」→「ディスク選択」→「消去」→
「フォーマット Mac OS拡張(ジャーナリング)」適当な名前を入力し→消去

これでインストールが可能になります。

SSDに換装して、とにかく起動もブラウザの立ち上がりも見違えるように早く快適です。
その反面思ってたよりも熱が発生しているので夏場はちょっと心配でもあります。
関連記事
スポンサーサイト

category: 仕事

thread: パソコン修理

janre: コンピュータ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://supportscd.blog134.fc2.com/tb.php/413-5748676b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東日本大震災

PR

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

メールフォーム

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。