脊髄小脳変性症ーSCDー患者家族の生活 ホーム » スポンサー広告 » 創ること »鬼灯という字を書いています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

鬼灯という字を書いています  

「鬼灯」って読めますか?

僕は読み方を知らなかったのですが「ほおずき」の漢字だそうで、
この字を今月に入って何度も何度も書いています。


今日は書道の日でした。

4月から始めた人たちが僕を含めて5人と上級者が4人で9人のクラスです。
年齢はさまざまですがかなり高めで、上級者の中におばあちゃんが一人、
9月から入った人でおじいちゃんが一人いらっしゃいます。

上級者の方々は所属する団体の展覧会や市の展覧会などに作品を出していますが、
僕たち初心者組も11月から作品を提出し、級をとることになりました。
小学生時代から習字が苦手で、高校では九州で有名な書家の方が書道の先生でしたが
まったく興味がもてず時々書道具も家に忘れて、
名物『ケツバット(書の先生によるフルスイングケツバット)』をやられる始末でした。
(その先生も「とにかく豪快に書け!」というばかりで基本もまったく教えてくれなかったのですが)
そんな僕が課題にも真面目に取り組み継続してやっていけるとは自分でも不思議です。
基本の筆運びができるようになるとなかなか面白く、うまく書けるととても気分が良いです。


先生に朱墨で二重丸をもらって家に帰って妻に見せると、
「小学生がお母さんに見せてるみたい」と笑われます。


最初は仕事に役立てるために始めたのですが、
その機会がくる日は果たしてあるのかないのか、それはもはやどうでもよくなりました。
2年前に京都で観た金澤翔子さんの作品のように
超豪快な作品が書けるようになれたらいいな〜 などと思いを馳せつつ
純粋に趣味として続けていこうと思っています。


関連記事
スポンサーサイト

category: 創ること

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://supportscd.blog134.fc2.com/tb.php/429-e4489528
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東日本大震災

PR

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

メールフォーム

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。