脊髄小脳変性症ーSCDー患者家族の生活 ホーム » スポンサー広告 » 生活と環境 »騒音と揺れ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

騒音と揺れ  

はす向かいの家の解体工事で今年も騒音と揺れに悩まされています。
昨年はその左隣、その前年は右隣と毎年夏に取り壊し工事、
秋から翌年にかけて新築工事をやっています。
昨日は地震がありましたが、朝からコンクリ擁壁を破砕する轟音と、重機の操作による揺れで
家がビリビリユラユラしてたので地震もよく分からないくらいでした。


今住んでいる町は基本的に住人の年齢層が高いようです。
電車の開通当時に広い敷地を購入して大きな家を建てた年代の人たちが、
ここ数年続々と家を売りに出しているようですが、
敷地が広いから取り壊した後は二分割して売りに出され、
その跡に3LDKくらいの家が二軒建つというパターンが多いようです。
住宅地の宿命で仕方のないことなのですが、我が家のあるブロック内でも、
住む人のなくなった家が2軒。そのうちの1軒はうちのすぐ裏側。
今後も近所で続々と工事が発生する可能性が高いようです。


今年賃貸契約は更新したばかりですが、次は更新せずに転居しようと妻と話しています。
もともと僕は引っ越しが好きで、独身時代も3年ごとに引っ越しをし、
事務所もそのくらいの周期で何度か移転しました。
次に住む場所で最近興味をもっている町は、市営地下鉄沿線の小さな町です。
緑が多く、歩車分離が徹底されていて妻の散歩にも良さそうな町。
あるいは今の路線沿線の少し西に離れた静かな町か。
最近分かったのですが、妻も引っ越しが好きなようでなかなか一カ所に定住できないタイプのようです。
けっこう似た者同士だったのかもしれません。





関連記事
スポンサーサイト

category: 生活と環境

thread: 日々のできごと

janre: ライフ

tb: 0   cm: 2

コメント

私の実家から歩いて3分のところに家を買って住んで12年8か月です。
どちらかというと我が家は引っ越しは苦手ですね。
私にとってこの町がhometownのようで人生で3度海外に住みましたが毎回ここに戻ってきています。
最近は海岸歩きが好きでこの家を買うときに三浦半島に家が欲しいと夫に言ったことを思い出します。当時帰りが遅かった夫が終電が早いから駄目だと反対されて今の町に住むことになりました。それでも最近は葉山に住みたいなぁと思っています。賃貸生活ならそんな風に「住みたいなぁ」って思う町に行けますね。ちょっと新鮮で羨ましい感覚です。

Littlemama #- | URL
2014/07/21 06:28 | edit

Re: タイトルなし

Littlemama様

Littlemamaさんの生まれ育った町はとても環境が良さそうですね。
三度も海外にお住まいになったのなら戻りたくなるのも分かります。
私の実家のほうは環境はこれといって良くないし、景観は悪いし、
人は偏狭なので、戻りたくなることはありません(笑)

私は逆に、知人で東京・神奈川に生まれ育って子供の頃から友人関係もそのままという人が
うらやましく思います。本当はそういうライフスタイルが一番良い気がします。

これって変な感覚なのかもしれませんが、下町のジメジメした黒土の土地で育ったので、
カラッとした赤土の郊外の緑の多い環境に憧れるのです。
小さい頃、泥んこ遊びをしていて黒土を掘るとすぐにミミズがワラワラと出てくるのです。
戦前まで農地だったから土がよく肥えていたのでしょう。

saginumaginu #- | URL
2014/07/21 10:01 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://supportscd.blog134.fc2.com/tb.php/465-022f8262
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東日本大震災

PR

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

メールフォーム

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。