脊髄小脳変性症ーSCDー患者家族の生活 ホーム » スポンサー広告 » ワンコのこと »COCO~犬の歯石取りと抜歯

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

COCO~犬の歯石取りと抜歯  

一昨日の記事で「全抜歯」と書きましたが、私の勘違いでした。
いろいろと検索してみると、獣医師の方針により健康な歯を残す場合と、
将来の再処置を回避する目的で全抜歯する場合があるそうです。
全部抜いてしまうのは後のことを考えると可哀想で胸が痛んでいたのですが、
かかりつけの病院は「残す派」だったのでほっとしました。

小型犬の顎の骨はもろいので、健康な歯まで抜こうとすると、
顎が割れてしまったり余計なダメージを与えてしまうので、
すでに歯茎からとれかけている歯や、
歯根が浮いている歯のみ抜歯するとのことでした。

夕方迎えに行き、獣医師の説明を聞いたところ、それでも28本くらい抜いたそうで。
残存歯はわずか7本。犬の歯は通常42本なので数が合いません。
私が関知しないところで数本抜けていたのかもしれません。

少々グロテスクな画像なのでモノクロに加工してみました。

P_20150824_171053_1_p.jpg

歯肉が後退し、浮いた歯根まで歯石に覆われている歯もありました。
こんな状態では食事のとき毎回痛かったのではないかと胸が痛みます。
せめて口の中を見せてくれれば気付けたかもしれないのに…と今さら言っても仕方ないのですが。


費用に関しては事前にネットで調べてみたら、だいたい6~12万円くらいで、
麻酔代、点滴代、スケーリング代に加えて、抜歯する歯の本数×単価で料金が算出されます。
(抜歯せずスケーリングのみなら1~2万円だそうです)
少なくとも6~7万円くらいかかるかと思っていたら、
院長先生の判断で割引して4万円弱で済みました。
これは抜歯の単価にすると数百円で(だいたい相場は1500~2500円だそうです)
かなりの値引きをして頂いたようで本当にありがたいことです。


P_20150824_181307_1_p.jpg

帰宅後はかなりしょんぼりしており、しばらくクレートに引きこもっていましたが、
朝ごはん抜きだったので、さすがにお腹が減ったのか
ごはんはガツガツと旺盛な食欲で食べました。
歯茎からまだ少し出血してる状態なので、
ドライフードではなく缶詰のウェットフードにしました。
食後もいつものデンタルガムではなく犬用のゼリーを食べて少々元気復活しました。

前歯がまったく無い状態になるのでベロが出っぱなしで
すごく間抜けな顔になるんじゃないかと危惧しておりましたが、
意外とハンサムな顔をしています。


問題は残存歯のケアです。
これからなんとか歯磨きさせてくれるように頑張ってみますが、
最悪の場合は一年後くらいに状態をみて再び全身麻酔で抜歯ということになるそうです。

関連記事
スポンサーサイト

category: ワンコのこと

thread: ペットの健康・病気・怪我

janre: ペット

tb: 0   cm: 3

コメント

良心的な獣医さんで良かったですね。

COCOちゃん、毛もつやつやでハンサム君!幸せですね~。

Littlemama #- | URL
2015/08/28 10:11 | edit

Re:Littlemamaさま

ありがとうございます!
トレーに乗せられた抜いた歯はラップが被せてあったのですが、
写真を撮るのにラップをとるとスゴい悪臭でした(笑)
こんな悪臭の元が口の中にあったとは……

saginumaginu #- | URL
2015/08/28 11:03 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2015/08/29 13:41 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://supportscd.blog134.fc2.com/tb.php/516-8e9f319c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東日本大震災

PR

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

メールフォーム

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。