脊髄小脳変性症ーSCDー患者家族の生活 ホーム » スポンサー広告 » 生活と環境 »茨城~2015~その2

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

茨城~2015~その2  

昼食を食べに近くの「道の駅」へ行き寿司をごちそうになった。

義父が中トロのシャリだけ食べてネタを残すという奇行を繰り返していたので、
もしかしてボケてしまったのではないかと唖然としていたら、
バーディへのお土産にするらしく、店員にプラケースをもらって持ち帰っていた。
なにも上質の寿司ネタを持ち帰らなくても道の駅がすぐそばにあるんだから、
もう少し安いマグロの赤身でも買えば良いのにと妻が言ったのですが、
バーディは義父にいつも美味しいものをもらっているので、
かなり舌が肥えていて中トロが好物らしい。

P_20151129_143219_1_p.jpg



義父の家の庭は一面芝生でブランコなどの遊具がいくつか置いてあり、
子供たちの恰好の遊び場となっている。
芝生のところどころにモグラが出てきた跡があり、こんもり土が盛り上がっている。
下町育ちの私はモグラなんて見たことがないのですが、
バーディはよくモグラやハトを捕まえては咥えて誇らしげに見せに来るらしい。
残酷ですがそのあたりは野犬の血をひいいてる本能なのだと思う。
いちどCOCOを連れて行ったときにヨダレをたらしながらじっと見つめていてたので、
いつ食べられるかと冷や冷やしたことがあった。

P_20151129_143349_1_p.jpg




義母が生前よく芝生のモグラ退治をしていたのを思い出した。
あの頃は妻の病気が判明したばかりで悲しみのどん底だったが、
私たちは二人ともまだ30歳代半ばで若かった。
妻の歩行はあの頃も不自由していたが、眼振は今ほどでなく車酔いもしなかった。
茨城には年に2~3回行っては数日泊まって義父母に甘えていた。
母を知らない私をわが子同様に本当に良くしてもらった。

庭には義母が植えた色々な樹木が大きく育っているが、
ちょうど柚子がたくさん実をつけていたので分けてもらった。
柚子味噌や砂糖漬け、柚子湯など楽しもうと思う。


P_20151129_143524_p.jpg

関連記事
スポンサーサイト

category: 生活と環境

thread: 病気と付き合いながらの生活

janre: 心と身体

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://supportscd.blog134.fc2.com/tb.php/531-3436b189
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東日本大震災

PR

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

メールフォーム

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。