脊髄小脳変性症ーSCDー患者家族の生活 ホーム » スポンサー広告 » 生活と環境 »茨城~2015~その3

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

茨城~2015~その3  

image.jpg

今回はじめてYahoo!の「Y!カーナビ」アプリを使用してみた。
車載ホルダーを持ってないので膝の上に乗せて音声だけ聞きながら運転した。
「速度を落としてください!」と時々警告するので少しうるさいなぁ…と思っていたら、
警告が出たあとしばらく走行すると必ずオービスが設置されている位置だった。
本当に良く出来ているなぁと感心した。


この日の常磐道はバラエティに富んでいてなかなか面白かった。
まず現れたのは「フェラーリ族」。
子供時代にスーパーカーブームを体験した世代なので、
多少は「おっ!」と眼をひかれるけど、さすがにもうさほど興味はわかない。
流麗なデザインで工業製品の芸術だとは思いますが。



次に現れたのは「ホットロッド族」。
70年代の国産車や旧いアメリカ車のデザインが好きなので、
車種的にはフェラーリよりもこちらの方に好感を持つ。
しかしやたらうるさい音を出す改造や、
フロントの車高を落としてリアの車高を必要以上に上げるスタイルは好きではない。
クリントイーストウッドの映画「グラントリノ」みたいに、
高年式車をノーマルで大事に乗っていたら素敵だと思うのですが。

昨夜は守谷SA付近は渋滞でSA内も本線に戻る長い車列ができていたが、
そこにきらびやかなペイントのホットロッド車がずらりと並ぶ光景はきれいだった。



そして常磐道名物ともいえる「暴走族」。
茨城では絶滅危惧種ともいえるオールドスタイルを間近で見ることができる。
往路でちらほらと路肩に数人グループで固まっていたりしたが、
帰路では数十台でパレードを繰り広げていた。
時々車線からはみ出してフラフラと前に飛び出してくるのが怖い。
跳ね飛ばしたりしちゃったら非常に面倒なことになりそうだ。

車のメーカーが地方購買層をほぼヤンキーととらえているという記事を読んだが、
確かに当たっていると思う。
義父の保育園の保母さんたちは最初に会ったときは素朴な女性たちだったが、
数年たったころから髪の毛が赤くなったり服装がジャージになってきた。
通勤してくる車も最初は普通のノーマルの軽自動車だったが、
しばらくするとダッシュボードに紫色のベルベットが貼りこまれていたり、
ステアリングにゼブラ模様のカバーがつけてあったりと、徐々にヤンキー車化した。
しかし、義母の葬儀のときなどは公私にわたって協力してくれたり、
外見が変わっても中身は素朴で良い人たちだったりする。



昨夜の守谷SA付近からの渋滞の原因だったのが
「サンデードライバー」の事故車。
むしろ暴走族以上に迷惑な存在だと思う。
いつもいつも事故車のせいで帰りが遅くなるのだ。
昨夜は開き直ってSAのフードコートでたこ焼きを食べたりして、
ゆっくり休憩して一時間近く時間をつぶした。
柏付近の事故が原因だったが、
その後都内に入って山手トンネル内でも事故があり、再び渋滞に巻き込まれた。
なんでもない直線でどうやったら事故になるのか理解できない。


しかし帰路で4時間超はまあまあだ。事故があったわりには早く帰れた。
COCOを真っ暗な部屋で待たせているのでなるべく早く帰ってあげたかった。

関連記事
スポンサーサイト

category: 生活と環境

thread: 日々出来事

janre: ライフ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://supportscd.blog134.fc2.com/tb.php/532-26d71bb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東日本大震災

PR

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

メールフォーム

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。