脊髄小脳変性症ーSCDー患者家族の生活 ホーム » スポンサー広告 » 番外編 »老舗

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

老舗  

妻の用事を済ませて、麻布十番で食事。中華の『登龍』へ。
妻は『ニラそば』僕は『パイコーめん』あと『焼餃子』を注文しましたが、
餃子はオーダー通し忘れたそうで来なかった。
おわびにと帰りにクルミに飴がかかったお菓子をくれた。
お店は混んでいるわけでもなかったのですが、注文とったおっさんは気抜き過ぎでした。
そばはびっくりするほど高いだけあって美味しかった。この値段でマズかったらありえない。
今年の春に出版社の方と『登龍 麹町店』でランチした時は、
「自分だけ美味しいもの食べて…」と妻がすねていたのですが、
麹町店の『坦々麺』はちょっとがっかりでした。
坦々麺に関しては『陳麻家』や『はしご』のほうが遥かに美味しく、値段は二分の一以下だ。

老舗とか高級店で期待して行くととてもがっかりする事が多い。
銀座の洋食の某老舗店もやはり値段は高いのに、味はいまいち、サービスは三流だ。
プリフィクスコースを出してるような、営業年数の浅いフレンチやイタリアンのお店の方が、
値段は安く、美味しくて、サービスもフレンドリーだったりする。






せっかくなので『浪花家』と『豆源』へ。
豆源の豆は妻の大好物なのです。
DSCN0503-low.jpg
DSCN0505-low.jpg
DSCN0504-low.jpg
結婚前、妻と両親が住んでいたマンションに初めて招かれた時に、
義母がお茶と一緒に出してくれたのが、この鯛焼きでした。
13年振りに食べた鯛焼きは、甘さ控えめの十勝産小豆のあんが
ぎっしり詰まってて美味しいです。
僕はあまり豆は食べないのですが、キャラメルマカダミアはちょっとクセになります。

浪花家は頑固なまでに品質にこだわる。今日なんて30分待ちでした。
豆源は老舗にあぐらをかかず、今の時代にマッチした新商品を出している。
同じ老舗でもこの2店の姿勢は清々しい。



関連記事
スポンサーサイト

category: 番外編

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://supportscd.blog134.fc2.com/tb.php/55-bcaa40a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東日本大震災

PR

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

メールフォーム

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。