脊髄小脳変性症ーSCDー患者家族の生活 ホーム » スポンサー広告 » 生活と環境 »新しい環境での生活~1

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

新しい環境での生活~1  

 昨年末のマンション売却による最初の引越し、そして今年4月に念願の鷺沼エリアへの2度目の引越し。妻にとっては過去の気持ちの清算、新しい生活の幕開けでした。
 家内も私も独身時代から都心に住み、結婚後も都心からそう離れていない場所に10年間住んでいましたが、川崎市に引っ越して都内との環境の違いに驚きました。朝は見た事もないような小鳥のさえずりで目覚め、空気がきれいなせいか車を外に駐車していてもあまり汚れないようです。都内なら洗車して翌日には粉塵がうっすら積もるというのに。
 私は以前は秋から春先にかけて気管支の不調で痰がからんで息が苦しく、引っ越し後落ち着いたら呼吸器科の病院に行こうと思っていたのですが、引っ越して1週間ほどで咳も痰も出なくなりました。家内はSCDの症状に加えてめまいと吐き気を催す事がたびたびあり、引越し当日も一時は空いている部屋で横になって休んでいたほどでしたが、引越して以来めまいと吐き気がすっかり消えたようで、従来のSCDの症状は当然ありますが、めまいと吐き気が無いだけでも少し楽にはなったようです。
 
 私はもともとは千代田区の方に事務所を借りて、時期によって正社員、派遣、外注など数人のスタッフと仕事をしていたり、編集プロダクションと共同でオフィスを借りたりという環境で仕事をしていましたが、出版不況の世相の中、一つまた一つと得意先が無くなり、4年前に最後に借りていた恵比寿の事務所を解約し、自宅マンションの6畳の部屋で仕事をするようになりました。
 ちょうどその頃に妻が犬の散歩中に転倒し、これ以上犬の散歩も一人での外出も困難になってきたという事もあり、仕事と家事の両立のためにも自宅で仕事をするのは都合が良い事でもありました。ただし、自宅が都心にも近い事が前提であり、神奈川に転居するという事になると果たして得意先の反応はどうであろうかと、戦々恐々の気持ちでした。
関連記事
スポンサーサイト

category: 生活と環境

tb: 0   cm: 2

コメント

コメント、リンクありがとうございました。

夫は大学生から院生までの6年間を鷺沼で暮らしていました。
「鷺沼」と聞いて懐かしいな~と言いながら、今、私の横で夫は夜食にスイカをほおばっています。
奥様は嚥下障害は大丈夫ですか?夫は、恥ずかしながら、元々食べ方が行儀の悪い人なのですが、かっついてむせることが多かったのですが、STを受けるようになってセラピストさんから注意を受けて、かなり気をつけて食べるようになりむせることが減りました。

Littlemama #- | URL
2010/08/05 22:35 | edit

そうだったんですか!僕たちはこのあたりに住むのは初めてで、何もかも新鮮な感じです。
家内はよく飲み物を気管支に入れてしまったりしますが、これは僕もよくやってしまうので
嚥下障害とは違うのかな、食べる事に関してはいまの所スムーズに食べれています。
僕も家内も外食が何よりも楽しみなので、これだけは出来ればいつまでも楽しんでいたいですね。

saginumaginu #- | URL
2010/08/05 22:48 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://supportscd.blog134.fc2.com/tb.php/6-c4ee7b38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東日本大震災

PR

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

メールフォーム

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。