脊髄小脳変性症ーSCDー患者家族の生活 ホーム » スポンサー広告 » 生活と環境 »新しい環境での生活~2

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

新しい環境での生活~2  

 得意先「T書店」は寛大にも神奈川への転居後も変わらず仕事をさせて頂いています。新たに知人の紹介で某出版社から書籍の装丁の仕事も頂けるようになりました。「JN社」も近年は年に2回くらいに減りましたが、変わらず仕事を頂いており有り難い事です。
「JN社」とはそもそものお付き合いのスタートの時期が、妻の病気の判明の時期と重なり私としては仕事への姿勢とフォロー体制が充分でなく、申し訳ない事をしました。
 当時の妻の精神状態からして長時間一人にしておくのが不安なため、夕方6時には事務所を後にして帰宅していました。一般企業でもこの時刻での退勤は早い方だと思いますが、出版業界ではちょっと早すぎる退勤で、ある仕事の打ち上げでの席でJN社担当部長に「俺は家庭第一の人間とは仕事をしたくない」と嫌われてしまいました。それは当然でしょう。誰だって仕事で自分と直接関わる場合は、仕事を最優先する人としたいでしょう。
 私はデザイン会社在席時は月に1回帰宅する以外はほとんど会社に“住んで”いましたし、独立後もやはり2週に一度帰宅する以外は事務所に泊まりこんでいました。10日間トイレ以外デスクから離れず、睡眠をとらずに仕事をした事もあります。それほど仕事には情熱を傾けていました。その情熱の半分でもJN社の仕事に傾けていたら、今頃はもっとたくさんの仕事を頂いていて、こんなに売り上げが減る事も無かったでしょうか。だけど、妻をほっといたらどういう事になっていたか…当時の私にはどうにもならない事でした。
関連記事
スポンサーサイト

category: 生活と環境

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://supportscd.blog134.fc2.com/tb.php/7-cd9e54a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東日本大震災

PR

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

メールフォーム

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。