脊髄小脳変性症ーSCDー患者家族の生活 ホーム » スポンサー広告 » 通院治療 »坂道

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

坂道  

最近妻の散歩の距離が延びた。
今日も通常コースの一つを遠回りしてあえて上り坂を2カ所通るコースにした。
上り坂はやはり妻にとってはきついようで途端にペースがゆっくりになるが、
それでも休みなく登るのが普通になった。
脚の筋力がついてきたようだ。


神奈川に引っ越して一番驚いたのは坂だらけだったこと。今の家も坂道の途中にある。
都内で坂を登る事はあまりなかったので、最初は参った。
まぁ以前住んでたまわりにもある事はある。
五反田駅から荏原方面、西五反田から目黒~白金方面、下目黒の住宅街。
いずれもゆるやかな勾配だ。
梶ヶ谷なんて目黒の行人坂クラスの坂があちこちにある。
引っ越して半年くらいは僕自身も駅への上り坂をヒーヒー言って登ってた。
こちらでは塾帰りの中高生がかなりの勾配の坂道を
自転車立ち漕ぎでこともなげに登る。
OLさんもヒールでガシガシ登って出勤する。
今では僕もすっかり慣れてしまって、腰のためにあえて急な方の坂道を選んで通る。
実は年明けて特に整骨院など行かなくても腰の調子が良い。
休んでいたからというのもあると思うが、
一つには上り坂を登る事、そして“四股体操”が良いのかもしれない。

良い整骨院をみつけたのだが、「不正な保険請求をしない」ポリシーだそうで、
料金がバカ高い。
その心意気は良いが、患者はたまったもんじゃない。
3ヶ月も通えば、外科手術で2週間入院したくらいの金額になってしまう。
なんでもそうだが、余計な出費をしないためにも自己管理が肝要なのですね。


関連記事
スポンサーサイト

category: 通院治療

tb: 0   cm: 2

コメント

坂だらけ~。

坂!坂!坂!それも急坂しかない!所に住んでいます。アメリカで車生活に慣れて帰ってきたときに坂を登れなかったことを覚えています。まだ、20代だったのですが・・・・。のぼり坂、下り坂・・・・夫を支えて歩くと最近。「う~う~」と声が出ます。本当に腕が辛い。でも、suginumaginuさんの今日の記事を読んで、もしかしたら夫の歩行状態が悪くてもここまで持ちこたえているのは「坂」のおかげもあるかもしれないと思いました。
そう思って登ったり下ったりすれば坂も少々いとおしい場所になるかも知れません。

Littlemama #- | URL
2011/01/07 10:47 | edit

大変ですよね

Littlemamaさんの場合、うちとは体格差が逆だから
毎日の介助本当に大変だろうなと思います。
でもご主人の筋力維持に坂道の上り下りは貢献しているかもしれないですね。

僕たちは以前は例えば外食する時でも坂道をなるべく避けるように行動してきたので、
妻はゆるやかな上り坂でも途中で休んでいました。
環境が変わって健康的にもなりましたし、散歩中のちょっとした風景も楽しんでいます。

saginumaginu #- | URL
2011/01/07 11:12 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://supportscd.blog134.fc2.com/tb.php/75-fd4303bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東日本大震災

PR

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

メールフォーム

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。