脊髄小脳変性症ーSCDー患者家族の生活 ホーム » スポンサー広告 » 生活と環境 »くりの経過

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

くりの経過  

階下からくりがちょこまかと走る音がする。
ちょうどゴハンをあげている時間だ。
今日は一日中寝ていたようで
だいぶ回復したようだ。この音が聞きたかった。

昨夜は病院に迎えに行った際に「このまま入院させた方が……」と言われたが、
連れて帰った。たぶん副作用が壮絶だからという事だったのだろう。
あの地獄の状況を病院で過ごすよりも自宅で過ごした方がどれだけ良い事かと思う。
意識が朦朧とした状態でもちゃんとトイレシーツの所まで行って排泄する。
けなげで泣けてきそうだった。
激しい副作用の代償に腫瘍が柔らかくなりやや小さくなってきている。
相変わらず息が荒いがなんとか寝る事ができているようだ。

昨夜血便が出た事を病院に相談した。腸管に腫瘍が出来たのではないかと
心配したが、単に下痢で粘膜がはがれただけのようだった。
ヤマトの当日便で腸の薬を送ってもらった。
くりが子供の頃お腹をこわした時に何度か飲ませたことがある。懐かしい薬だった。

僕は多少寝たが妻はほとんど眠らずにくりの介護をした。
今日も眼震がひどく目の奥が痛むようだ。



来週はここまでの副作用がおきないように抗がん剤の量を少なくすべきか
それともまた苦しい思いをさせるか悩むところだ。

関連記事
スポンサーサイト

category: 生活と環境

tb: 0   cm: 2

コメント

心配ですね

こんにちは。

クリちゃんの様態は一進一退のようですね。
動物は最期の最期までトイレはがんばりますね。
それこそ倒れそうなくらいフラフラしながらも。

強い薬で小康状態を願うか、あるいは楽に日々を過ごさせてあげるか。究極の選択ですね。

うちも一昨年に愛猫のモモで経験していますのでいたいほどわかります。
私は家で点滴していました(リンゲルですが) でも様子を見て、それも可哀相くらいになったので最期を迎える数日前は何もしませんでした。
トイレはモモの身体を支えて。

クリちゃんの容態も心配ですが、奥様のことが気がかりです。睡眠不足は身体に障りますよ。
お二人で交替におやすみになってはいかがですか。

お大事になさってくださいね。

さなりん #m.2.LkcQ | URL
2011/02/26 12:32 | edit

Re: さなりん様

ありがとうございます!!
あの後経過は良好で、腫瘍がかなり小さくなってきています。
食欲も元気も出てきて妻も喜んでいます。
ただし、この後が怖いんですよね。
来週の治療をどうするか夫婦で悩んでいます。
でも、どんな判断をするにせよあの時入院させずに
くりの苦しむ壮絶な姿を二人で見た事は良かったと思います。
副作用の苦しみを充分わかったうえで責任のある判断が出来ると思います。

薬の他に活性水素水やアガリスクなど少しでも良い影響がありそうなものを
どんどん試してみようと思います。

saginumaginu #- | URL
2011/02/26 12:45 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://supportscd.blog134.fc2.com/tb.php/92-a314d6db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東日本大震災

PR

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

メールフォーム

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。